全席指定席?台湾鉄道の座席にまつわる落とし穴

Pocket
LINEで送る

個人旅行で現地の交通機関を乗りこなして、観光する人は多いでしょう。
特にタクシーなら割高でも、地下鉄やバスを使えば交通費が安く済むので、乗り方さえマスターすれば快適に観光できます。

しかし、台湾鉄道は一見普通の電車に見えますが、座席にまつわる落とし穴が存在します。

今回は、「全席指定席?台湾鉄道の座席にまつわる落とし穴」を紹介します。

台湾鉄道の人気の特急列車、太魯閣号。訪れたときは是非乗りたい。

台湾鉄道の席にまつわる、変わったルール

 

まず台湾鉄道の車両は、普通列車や通勤列車以外、全席指定席です。

そのため、チケットカウンターで切符を買う際には、指定座席の切符が発券されることになります。

そして、ここがわかりにくいところですが、ICカードでも改札に入場でき、実際に特急などに乗ることもできるのです。
(日本のように混じらないように別の改札があったりしません。)

そういった場合はもちろん席の割り振りなどないので、どこに座るのか?

答えは、空いている席に座ってください!

台湾鉄道の切符の種類は、指定席券だけでなく、無座席の立席承知券があります。
ICカードで入場した場合は、この券種に該当します。
(または、券売機で目的駅までの運賃分の切符しか持っていない場合)

空いている席に座っておいて、該当の席にお客さんが来たら譲り、運よく誰も来なければ、その座席に座っていてよいのです。

これが、台湾鉄道のちゃんとしたルールで、台湾流の鉄道の乗り方です。

以上が、「全席指定席?台湾鉄道の座席にまつわる落とし穴」です。
是非参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© 2017 How To Journey.com. WP Castle Theme by Just Free Themes