香港のホテル選びで気をつけたいこと

香港
Pocket
LINEで送る

アジアの金融街の一つ、香港。
ビジネスだけでなく、中国からの入国やその他アジアからの観光客でにぎわっています。

今回は、私が考える「香港のホテル選びで気をつけたいこと」を紹介します。

一泊の予算は、平均1万5千円~

 

まず、香港の宿泊費はアジアの都市の中でも、最も高い水準になっています。

ハイシーズンとオフシーズンで違いがあるものの、いわゆる中級と言われる3つ星ホテルが1泊1万5千円~です。

クリスマスや旧正月、7、8月はハイシーズンで、比較的ホテル価格は高騰しているようです。

香港旅行は、宿泊費が金銭面でネックになると考えてもらって問題ありません。

おすすめは、九龍側のホテル

 

次に、香港へ旅行する場合は、ロケーションとして香港島と九龍側のホテル(またはゲストハウス)の二択になると思います。

1泊の値段でいくと、香港島>九龍側です。(金額に大きな開きがあります。)

いわゆる香港の観光イメージは、香港島になると思いますが、香港島は高級ホテルが多く、旅の予算次第と言わざるを得ません。

私がおすすめするのは、九龍側のホテルに宿泊することです。

なぜならホテル代が安いからなのですが、香港の中でも中級~高級ホテル、ゲストハウスまでバリエーション豊富なのが九龍側です。
ホテル代は安く済ませて、食事などを充実させたい人や旅はコスパ重視の人は、九龍側で宿泊先を探すほうが良いと考えます。

かく言う私は、コスパ重視の旅を続けていますので、九龍の激安・極小ゲストハウスにしか泊まりません。
(ホテルでは基本寝るだけなので)

 

九龍側のおすすめする理由

 

ここまで、散々宿泊費の話をしてきました。
しかし、私が九龍側のすすめる理由は、他にもあります。以下に、列挙します。

・香港の夜景は、尖沙咀から見た方がきれい。

香港島の沿岸から見る夜景はイマイチですが、尖沙咀プロムナードから見る香港島の夜景は、必見です。
夜景を見て、海風を感じながら散歩道を歩くという、ゆったりとした夜の観光は贅沢です。

・スターフェリーで旅に臨場感が出る。

香港島と九龍を結ぶスターフェリーで、海峡を渡ってほしいと思います。
昼夜問わず、フォトジェニックです。
最もいいのは、フェリーに乗りながら前述した香港の夜景を見ることです。

スターフェリーから眺める香港島の街並

・屋台やナイトマーケットが豊富

九龍は、香港の下町と言えます。
そのため庶民に根ざした屋台やナイトマーケットが豊富に存在します。
そこでお土産などの小物を調達するのがお決まりです。

 

その他注意してほしいのは、ホテル代あまりに安いとかなり狭いです。金額なりと言いますか。。。
私は気にならないので問題ないのですが、九龍側でも1泊8千円あたりを目途に探すといいかもしれません。
(かなり個人的な感覚ですが)

以上が、私が考える「香港のホテル選びで気をつけたいこと」を紹介です。

是非、参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


マカオ
香港・マカオの入出国手続で気をつけたいこと

日本からの観光客が多く訪れ、アジア随一の金融街とされる香港。そして、カジノの街と して有名なマカオ。 …

マカオ
マカオから香港へ向かう場合のフェリーの利用について

世界遺産とカジノの街・マカオ。 マカオ目的で渡航する人もいるでしょうし、香港旅行の1dayトリップで …

香港
香港国際空港からマカオへ直接向かう場合のフェリーの利用について

マカオを訪れる場合、マカオにも国際空港がありますが、 日本発着の便数の関係で、香港国際空港を利用する …