バガン・サンセットの穴場スポットと気をつけたいこと

ミャンマー
Pocket
LINEで送る

ミャンマー最大の観光地と言っても過言ではない、バガン。

このバガン地域一帯に、無数の仏塔が存在し、いつ見ても幻想的な風景が広がっています。

今回は、「バガン・サンセットの穴場スポットと気をつけたいこと」を紹介します。

 

サンセットを観るにあたって、気をつけたいこと

 

バガンのサンセットは、旅行者に大人気です。(というか、それが目玉の一つ)

そこで、気をつけることは、

・バガンには、登れる仏塔が少ない。

・ある程度の高さ(規模)の仏塔でないと、景観が楽しめない。

・サンセットのだいたい2時間前から、場所取りが始まる。

です。

 

王道は、シュエサンド・パヤー

 

まず、穴場スポットを語る前に、バガン・サンセットの王道を紹介します。

それは、シュエサンド・パヤーです。

バガンの仏塔は、上へ登れるものが少ないと前述したのですが、その数少ない登れる仏塔で高さが随一なのが、シュエサンド・パヤーです。

ここからは、草原にちらほら点在する仏塔が見れるだけでなく、エーヤワディー川に沈むサンセットも拝めるため、旅行者が殺到します。

”ザ・バガン・サンセット”はココです。

しかし、人気も随一。私が訪れたときは、14時あたりから場所取りを始めている人がいました。(汗)

シュエサンドー・パヤー。サンセット目当ては、早い時間から場所取りが始まる。

 

穴場は、ブルディ

 

私が考える穴場スポットは、ブルディ(Bulethi)という仏塔です。

穴場と言っても、某有名ガイドブックにも載っているので日本人にも認知度は高いのかもしれません。

私が、ここにたどり着いたのは、ホテルやレストランのスタッフにおすすめのサンセットスポットを聞いていると、ブルディを薦めてくることが多かったからです。

「シュエサンド・パヤーはいいけど、人が多すぎる。おススメはブルディ。人が少ないから。」

という意見が多かったです。

場所も、バガンの有名な仏塔が集中するエリアに近いことと、大きい通りに近いのでわかりやすいです。

 

いざ行ってみると、サンセット間近でも人はちらほら。

結構急な階段を上って、ゆったりサンセットを観る予定が、怪しい雲が立ち込めて、サンセットは見れず。。。

しかし、まさに穴場です。

またブルディは全方位で景観が楽しめるので、サンライズ鑑賞にも使えると思いますよ。

ブルディからの眺め。サンセットは観れず。

 

以上が、「バガン・サンセットの穴場スポットと気をつけたいこと」です。

参考してください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ミャンマー
バガン中心部から郊外のポッパ山へタクシーチャーターする場合の相場情報

ミャンマーのバガンを訪れる目的は、バガンエリアに2000以上あると言われる寺院を巡ることでしょう。 …

ミャンマー
ミャンマーの国内線フライト事情

限られた時間の中で、その時間を最大化する交通手段は飛行機です。 特にミャンマーは、最大都市ヤンゴンだ …

ミャンマー
ゴールデンロックの山頂で必要な入域料の支払い方法

近年、日本人に人気の観光地になりつつあるミャンマーのゴールデンロックですが、観光するまでに一苦労です …