旅行者のための気になるアルマティの物価事情

カザフスタン
Pocket
LINEで送る

旅行者が気になる現地事情は現地の物価ではないでしょうか。

物価次第で、食事や買い物にかける時間やレストランの質も変わってきますし、それは旅のコストパフォーマンスにダイレクトに影響します。

今回は、「旅行者のための気になるアルマティの物価事情」について紹介します。

 

日本との一人当たりGDP比較

 

まずは、IMF(世界通貨基金)が公表しているWorld Economic Outlook Databases(2016)を参照して、一人当たり名目GDPを比較します。

かなりざっくりな手法ですが、これで両国の平均所得とみなすとともに、物価比較の目安とします。

日本の一人当たり名目GDP…38,917.29US$

カザフスタンの一人当たり名目GDP…7,452.77US$

カザフスタンは、日本と比較して一人当たりGDPが約1/5と低く、物価は安価であると想定できます。

旅行した実感としては、食費や交通費などで困ることはないでしょう。

しかし、中央アジアではカザフスタンは最も豊かな国であり、域内では物価は高い国です。

 

各種品目の物価相場

 

ここでは、旅行者が特にお世話になりそうな品目の物価相場を紹介します。
(カザフスタンの通貨テンゲは、1USD≒333テンゲ≒112円で換算)

飲料水(500ml)….110テンゲ(≒37円)

コーラ(500ml)…165テンゲ(≒55円)

牛乳(1000ml)…340テンゲ(≒114円)

缶コーヒー…300テンゲ(≒101円)

ヨーグルト(4個パック)…100テンゲ(≒34円)

レッドブル(ロング缶)…470テンゲ(≒158円)

インスタントラーメン…330テンゲ(≒111円)

カップラーメン…385テンゲ(≒129円)

 

簡単ですが、この辺が旅行者に関係するような品目として取り上げました。

日本と比べると、比較的買い求めやすい値段です。

アルマティに旅行する予定する際や、滞在の際は参考にしてみてください。

アルマティ市街のスーパーマーケット。整然でクリーンな内装です。
メイン通りの出来たばかりのスーパーマーケットを訪れました。
充実したミネラルウォーター。「TASSAY」が最もポピュラー
ソフトドリンクもそん色ないラインナップです。
中央アジアは韓国料理店が必ずあります。その影響で韓国からの輸入食材としてインスタントラーメンがあります。

 

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カザフスタン
カザフスタン最大の都市・アルマティ市内バスの利用方法

カザフスタン最大の商都・アルマティ。 日本ではアルマトイとも呼ばれています。 かつてカザフスタンの首 …

ウズベキスタン
キルギス・ビシュケクから夜行バスでウズベキスタン・タシケントへ向かう方法

日本人には、馴染みの薄い国が多い中央アジアの国々。 しかし、ここはかつてシルクロードの中継地として栄 …

カザフスタン
カザフスタン・アルマティからキルギス・ビシュケクへバスで向かう方法

かなりマイナー記事になりますが、 先日カザフスタンのアルマティからキルギスのビシュケクまでバスで向か …