帰国の際に気を付けたい日本に持ち込めない物の豆知識

旅行術
Pocket
LINEで送る

国内・海外に限らず、旅行につきものは「お土産」です。

旅行した地域のものを、持って帰って友人や家族に渡したり、自分用に持ち帰ると、いつでも旅の余韻に浸ることができます。

しかし、海外旅行では注意しなければいけない問題があります。

それは、検疫です。

今回は、「帰国の際に気を付けたい日本に持ち込めない物の豆知識」を紹介します。

 

日本へ持ち込めない品目

 

まず、多くの人が日本に持ち込みができない品目があるということを知らないかもしれません。

動物検疫という制度があり、農林水産省より輸入禁止・停止のもの、検査証明書がないと持ち込めないものなどが規定されています。

 

主に持込規制があるのは、肉製品です。

肉製品は以下のように農水省のHPに記載されています。(リンクを参照してください。)

現在、多くの国で家畜の病気が発生しており、また、おみやげや個人消費用のものは検査証明書の取得が難しいため、肉製品や動物由来製品のほとんどは、日本へ持ち込むことができません。

(引用元:http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html

中華圏の肉饅頭も持ち込みはできないので注意。

実体験として、
私は、台湾の空港で肉饅頭をお土産に買って帰ろうとしたのですが、免税店スタッフに日本には持ち込めないと教えてもらったので、それを買うのをやめました。

普段空港でお土産を買うことはないのですが、ちゃんとそういうことを指摘してくれるスタッフがいてくれてよかったです。

(というより、知らずに購入している旅行者が多いからかもしれません。)

なお、間違えやすいですが魚は持ち込み可能です。
生魚という特殊な形で持ち込まなければ、缶詰などは持って帰って来れます。

 

出国は、渡航先の持込規制を確認する。

 

ここまで日本への持込規制を述べてきましたが、他国でも同様に持込規制が存在します。

出国の際は、各国大使館のHPや各種ガイドブックをチェックして出発するようにしてください。

簡単な例を挙げておくと、

シンガポール…チューインガム(※動物検疫の関係ではありませんが)

オーストラリア…梅干し

などがあります。

知らずに入国しようとすると、もれなく没収されます。

 

以上が、「帰国の際に気を付けたい日本に持ち込めない物の豆知識」です。

参考にしてみてください。

 

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
髪のゴワゴワの理由は?海外のシャワー事情

日本に独特な生活習慣があるように、世界各地にはそれぞれの生活習慣が存在します。 海外旅行に行くと、漏 …

旅行術
先進国で日本だけでは?税関検査の非常識

海外旅行につきものと言えば、移動のためのフライトです。 フライトとなると、空港、出入国手続、税関検査 …

ウズベキスタン
旅行者のためのサマルカンドの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。 いくら英語が世界的言語といえども、世界 …