香港・マカオの入出国手続で気をつけたいこと

マカオ
Pocket
LINEで送る

日本からの観光客が多く訪れ、アジア随一の金融街とされる香港。そして、カジノの街と
して有名なマカオ。どちらの街も活気があります。

この2ヶ所は、中国の一国二制度の影響もあり、中国大陸とは異なっ
た法や経済制度をとっています。その代表的な例が、両地へのイミグレーションです。

今回は、観光客にとって最も大事なイミグレーションについて、「香港・マカオの入出国手続で気を付け
たいこと」を紹介します。

※ここでは、香港とマカオへは入国とします。(実際には違いますが)

 

入国はスタンプではない

 

日本の出国の際、青色の丸いスタンプがパスポートの査証欄に押されます。

他国に行っても、国によって違えどそれぞれのスタンプが押されるのが一般的です。

しかし、この香港とマカオは違います。

半券が渡されるのです。

左がマカオ、右が香港の半券。パスポートに挟んでいると、なくす確率大。

行きの入国カードと帰りの出国カードが一つ刷りになっている場合は、帰りの出国カード
をホッチキスで止めてくれる国もありますが、この半券は、ただ返却されるだけなので、
失くしやすいことが特徴です。

何人もなくした友人を見てきました。気をつけてください。

 

失くした場合は、出国カードを記入する

 

ただ安心してください。失くしたからといって罰則はありません。

この半券を所持していれば、出国時に搭乗券とパスポートを提示すれば出国審査をスムー
ズに受けることができます。

失くした場合は、出国の際に、出国審査場にブランクの出国カードがあるので、それに必要事項を記入してください。

その出国カードともにパスポートを提示すれば出国審査を通過できます。

 

半券の保管方法ですが、

私は、パスポートカバーに挟み込むように保管しています。

 

以上が、「香港・マカオの入出国手続で気を付けたいこと」の紹介です。
参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


マカオ
マカオから香港へ向かう場合のフェリーの利用について

世界遺産とカジノの街・マカオ。 マカオ目的で渡航する人もいるでしょうし、香港旅行の1dayトリップで …

香港
香港国際空港からマカオへ直接向かう場合のフェリーの利用について

マカオを訪れる場合、マカオにも国際空港がありますが、 日本発着の便数の関係で、香港国際空港を利用する …

香港
旅行者のための気になる香港の物価事情

旅行者が気になる現地事情は現地の物価ではないでしょうか。 物価次第で、食事や買い物にかける時間やレス …