海上鳥居への行き方と楽しみ方

日本
Pocket
LINEで送る

日本には、自分の知らない場所や思いもしない場所がたくさんあります。特に、今ではSNSで情報が発信されるようになり、そういった場所がフォーカスされることが多くなっていきました。

今回は、SNSでフォーカスされ話題になった佐賀県太良町の海上鳥居に行ってきたので、「海上鳥居への行き方と楽しみ方」を紹介します。

 

海上鳥居への行き方

 

海上鳥居へは、車でアクセスするのが最も効率的です。電車であれば、JR長崎本線の多良駅で下車して、徒歩で約1km先の海上鳥居を目指すことになります。

車でアクセスする場合は、海上鳥居へ続く道の入り口が分かりづらいので注意が必要です。

ここを海側に曲がります。
この道をそのまま進みます。

海上鳥居の前には、駐車場を兼ねているようなスペースがあるので、そこで車を停めるといいと思います。

海中鳥居の目の間にスペースがあるので、ここを駐車場にしました。

 

海上鳥居の楽しみ方

 

海上鳥居は、見に行く時間に注意。

 

海上鳥居の楽しむには、満潮干潮時刻を事前に調べておくことをおすすめします。
http://tenki.wet.co.jp/tide/sio_ou.html
が参照できます。

次に、満潮と干潮どちらを狙って行くべきかが大事です。

個人的には、満潮時刻を狙って行きたいですね。

写真にもあるように、有明海から突き出した鳥居を見ることができます。

それだけは物足りないという人は、サンライズやサンセットを狙うといいです。

注意したいのは、海上鳥居の場所です。

海上鳥居は、有明海の西側にあり見物客は、東に向かって海上鳥居を見ることになります。

そのため、サンライズは海上鳥居と太陽を同時に見ることができますし、写真を撮ることができます。

また、サンセットは逆に西日が海上鳥居にあたることになります。そのため、鳥居の朱色が一層映えた風景を見ることができます。

以上が、「海上鳥居への行き方と楽しみ方」です。
季節や時間によって様々なシーンを見ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
先進国で日本だけでは?税関検査の非常識

海外旅行につきものと言えば、移動のためのフライトです。 フライトとなると、空港、出入国手続、税関検査 …

日本
九十九島の穴場展望スポットは、鵜渡越展望台

佐世保の観光スポットとして、有名な九十九島。 海から急な斜面を形成した土地の佐世保市では、周りの山々 …

日本
弓張岳展望台は、第二展望台が九十九島のフォトスポット

坂道の多い県として有名な長崎県。 長崎市だけでなく、佐世保市も傾斜のきつい坂道が多く、良質な港が産業 …