BTSモーチット駅からドンムアン空港へバス利用での行き方

Pocket
LINEで送る

バンコクの空港として有名なのは、スワンナプーム国際空港です。
しかしスワンナプーム国際空港は、レガシーキャリアと呼ばれる航空会社が主に就航しています。

近年、大注目を集めるLCC(ローコストキャリア)の国際線が多く就航しているのが、
ドンムアン空港です。
2006年にスワンナプーム国際空港が完成するまで、長年バンコクの国際空港として機能していたのが、このドンムアン空港になります。

今では、タイ国内線やLCCの就航するドンムアン空港へのバス利用によるアクセス方法を紹介します。

145

・BTSを使用してモーチット駅まで

まずは、BTSを使ってスクンビット線の西の終点、モーチット駅まで向かいます。
日本人が多く滞在するスクンビット地区からは、乗り換えなしで向かうことが可能です。

・モーチット駅からはバスで

スワンナプーム国際空港と違い、ドンムアン空港にはエアポートリンクのような直通電車があるわけではありません。
そこで、バンコクの市民の足であるバスに乗り換えて向かうことになります。

・出口3へ向かう

ここが出口3

ここが出口3

すると、右側は乗り口へ向かうエスカレータになっていますので、左側の階段を歩いて下ってください。

・そのまま進むとA1,A2バス停があります

バンコクのバスは、バスに記載されている番号で行き先が決まります。
ドンムアン空港へ向かうバスの番号は、A1,A2という2種類のバスです。

A1,A2のバス停。ドンムアン空港とも記載あり

A1,A2のバス停。ドンムアン空港とも記載あり

このバス停でバスが来るまで待ちましょう。

・いざバスに乗車

144

これがA1バス。

注意としては、バンコクのバスには日本の時刻表のようなものはありません。
渋滞時などは時間があてにならないこともあるので、搭乗時間までの状況によってタクシーを使い分けましょう。

ちなみに、料金は30バーツでバス内でおばちゃんが集金するので、その際支払います。

また、所要時間は約20~30分が目安です。

もう一つ注意点を挙げると、ドンムアン空港が見えてきて急いで降りたくなる気持ちはわかりますが、バスはちゃんと出発口まで向かいますので、はやる気持ちをぐっと抑えて乗っておきましょう。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© 2017 How To Journey.com. WP Castle Theme by Just Free Themes