日本円は両替不可能、ミャンマーの両替事情

ミャンマー
Pocket
LINEで送る

皆さんは海外渡航する際に、両替はどうしていますか?
日本円の信頼は世界的に厚く、比較的有名な観光地であれば現地でそのまま両替できることが多いようです。

今回は、ミャンマーに行った際の両替で注意すべき点がありましたので、ご紹介します。
結論的には、日本円からミャンマーの通貨であるチャットへの両替がほぼ不可能でした。

・日本円は不可、USドルかユーロを推奨

・やはりクレジットカードのキャッシングが便利

079

 

日本円は不可、USドルかユーロを推奨

 

だいたいの国では、日本円での両替が可能なため、日本円を持参すれば事足りることがほとんどです。
しかし、日本円で両替しようとするとミャンマーでは不可能でした。(場所はミャンマーの玄関口、ヤンゴン国際空港)

話を聞くと、US$、ユーロ、シンガポールドル、タイバーツなら可能とのことでした。(2、3店舗周りましたが、同じ回答)
もし、シンガポールやタイでトランジットする場合は、多めに両替しておくとスムーズに両替が可能です。
ヤンゴンへの直行便が日本からもありますが、結構きつい状況ですね。。。

なお、ヤンゴンの街中には日本円から両替可能な両替所があるそうです。とりあえず空港ではNGのようです。
(両替所の写真を撮るのは、忘れました。汗)

 

やはりクレジットカードのキャッシングが便利

 

結局のところ、そういった問題を解決するのが、クレジットカードのキャッシングです。
現在の旅におけるマストアイテムと言っても過言ではありません。

こういったマイナーな国へは、クレジットカードで対応することを検討してみてください。
なお、使用するクレジットカードの考察は下記を参考にしてください。
全世界対応はVISA!海外旅行でのクレジットカード事情

また、その他注意点としては、
街中のATMの使用は、できるだけ避けてください。
クレジットカードがATMから出てこないという事態になることがあるようです。あと、ATMが壊れていたりと。

できればホテルやレストラン、空港など、困ったときにヘルプが頼める人がいる場所での使用を推奨します。

以上がミャンマーの両替事情です。
現在は不便なようですが、他の東南アジアと同様に日本円も普通に両替可能となる状況になると思います。あんだけ街中に日本人がいれば。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
データで見る各国の日本語学習の状況

海外旅行となると、基本的には英語を使ったコミュニケーションが必要になります。 語学に自信がない人は、 …

ミャンマー
バガン・サンセットの穴場スポットと気をつけたいこと

ミャンマー最大の観光地と言っても過言ではない、バガン。 このバガン地域一帯に、無数の仏塔が存在し、い …

旅行術
意外と知らないパスポートとビザの違い

海外旅行の必需品と言えば、パスポート(旅券)です。 海外旅行に行ったことのない人も知っているような常 …