オンラインでミャンマー(Myanmar)の電子査証(e-VISA)を申請・受理しました。

ミャンマー
Pocket
LINEで送る

日本人がミャンマーを渡航するにあたっては、観光であってもVISAの取得が必要で少々厄介なものです。しかし、VISA申請については大使館に直接申請に出向く方法ではなく、インターネットを利用した電子査証(通称e-VISA)の申請・受理をしましたのでその方法を紹介します。

キャプチャ1

http://evisa.moip.gov.mm/(英語のみになります。)

まず、e-VISAの申請にあたって注意書きがあります。

用意するものは、

キャプチャ2

・有効期限が6か月以上のパスポート

・直近3か月以内の自身のカラー写真(uproadするためデータで用意)

・Visa、Master、Amex、JCBいずれかのクレジットカード(申請費用US$50)

その他簡単に日本語訳すると、

キャプチャ3

2.a. 有効期限は、承認日から90日以内。

2.b. ミャンマーの滞在は28日以内。

2.c. e-VISA申請費用は、返還不能。

2.d. 支払い完了後、1時間以内にEメールで送付される。

2.e. 申請審査期間は、おおむね3日間である。

キャプチャ4

4. 旅行者は、滞在先を確保していなければならない。

5. パッケージツアーや外国個人旅行の応募者は、ツアーのデータが必要。

6. シングルエントリーのみで、リエントリーは再度申請が必要。

と言ったところです。

上記を踏まえて、「Apply eVISA」申請に進みます。

キャプチャ5

基本的には、パスポート等に記載のある項目を埋めていくので問題ないかと思います。

注意点は、

・VISA申請前に、滞在先(住所)を決めておく。

・ツアーで渡航する場合、旅行代理店と契約ナンバーを用意する。

といったとこでしょうか。

 

申請ページには、審査期間に3日要するとこのことでしたが、

申請日の翌日に、Eメールにてe-VISAが受理されました。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ミャンマー
バガン・サンセットの穴場スポットと気をつけたいこと

ミャンマー最大の観光地と言っても過言ではない、バガン。 このバガン地域一帯に、無数の仏塔が存在し、い …

ミャンマー
バガン中心部から郊外のポッパ山へタクシーチャーターする場合の相場情報

ミャンマーのバガンを訪れる目的は、バガンエリアに2000以上あると言われる寺院を巡ることでしょう。 …

ミャンマー
ミャンマーの国内線フライト事情

限られた時間の中で、その時間を最大化する交通手段は飛行機です。 特にミャンマーは、最大都市ヤンゴンだ …