現地での時間を最大限に!入国審査を早く通過するコツ

旅行術
Pocket
LINEで送る

海外旅行の長いフライトを終えて目的地に着くと、早く空港の外に出て観光をしたいものです。

しかし、その前に第一の関門である滞在先の入国審査があります。

入国審査は、一人一人じっくり時間をかけて行われるため、待ち時間が長く、ストレスがたまります。

個人的には、インドネシアの首都ジャカルタでの入国審査が最悪で、アライバルビザの申請と入国審査でトータル2時間半かかった思い出があります。

さて、本題です。

空港の入国審査を早く通過するコツは、以下です。

・隣がクローズしているレーンに並ぶ。

・家族連れの後ろに並ばない。

・団体客の後ろに並ばない。

022

 

隣がクローズしているレーンに並ぶ

 

入国審査への列が長くなると、職員が現れレーンが追加されることがあります。

そのため、クローズしているレーンの隣に並んでおくと追加されたときにスムーズに隣に移れるため、ちゃっかり前に躍り出ることができます。

※何度もそんな経験をしたことがありますよ。

 

家族連れの後ろに並ばない

 

やはり子供の入国審査は、時間がかかる傾向があります。特に幼児となるとパスポートの顔写真の照会などで時間がかかっているようです。

先を急ぐのであれば、家族連れの後ろに並ばないほうがベターです。

 

団体客の後ろに並ばない。

 

団体で海外旅行する人の傾向としては、やはり海外旅行に慣れていない人である可能性が高いです。そうすると必然的に時間を要します。

近年は、中華系の人がパスポートを自分で持っておらず、入国審査が始まってから、探し出すなんて光景もよく見かけます。

できれば団体客を避けて、列に並びたいところです。

(私は、団体客やパスポートの国籍を見て並ぶ列を決めています。)

 

以上が、空港の入国審査を早く通過するコツです。

これらの方法は、出国審査でも活用できますので、是非そちらでも試してみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
帰国の際に気を付けたい日本に持ち込めない物の豆知識

国内・海外に限らず、旅行につきものは「お土産」です。 旅行した地域のものを、持って帰って友人や家族に …

旅行術
タダじゃない!空港保安検査費用は自己負担

海外旅行と言えば、飛行機に乗っていくことがほとんどです。 そのための航空券ですが、実は単に飛行機運賃 …

旅行術
データで見る各国の日本語学習の状況

海外旅行となると、基本的には英語を使ったコミュニケーションが必要になります。 語学に自信がない人は、 …