羽田空港でトランジットする人必見!国内線から国際線まで無料で行く方法

日本
Pocket
LINEで送る

地方在住者にとっては、北米に行く際に羽田空港国内線をトランジットして行くことがあります。
その場合、国内線到着口から国際線ターミナルまで行く必要があり、若干面倒です。

今回は、国内線から国際線まで無料で行く方法を紹介します。

モノレールや京急線でもパスポートや航空券を案内所に提示すれば、無料で行けますが地下まで下りたりと面倒です。
そこで利用するのは、無料連絡バスです。

008
到着口を出て、バス乗り場案内がある。

無料連絡バス乗り場は9番

009
連絡バス乗り場

案内を見ればわかりますが、無料連絡バスの乗降口は9番にあります。
切符なども不要で、単純にそこに並んでおけば、乗れます。

運行も約4分おきですので、そこまで待つこともないです。

 

バスに乗って、国際線ターミナルへ

 

あとは、連絡バスに乗って国際線ターミナルへ向かうだけです。

010
ターミナル間連絡バス

ルートは、国際線⇒国内線第二ターミナル⇒国内線第一ターミナル⇒国際線を巡回します。
どの乗り場にも停車するため、合図ボタンを押したりも不要です。

羽田空港HPより(詳細)
http://www.haneda-airport.jp/inter/access/portbus.html

以上が、国内線から国際線まで無料で行く方法です。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本
九十九島の穴場展望スポットは、鵜渡越展望台

佐世保の観光スポットとして、有名な九十九島。 海から急な斜面を形成した土地の佐世保市では、周りの山々 …

日本
弓張岳展望台は、第二展望台が九十九島のフォトスポット

坂道の多い県として有名な長崎県。 長崎市だけでなく、佐世保市も傾斜のきつい坂道が多く、良質な港が産業 …

日本
サンメッセ日南のモアイ像をキレイに撮るには、午後に訪れるのがおススメ!

宮崎県の人気観光地の一つである日南市。 鵜戸神宮やサーフィンなど自然・歴史とバラエティに富んだ観光資 …