ソウル駅経由仁川空港から帰国する人は必見!韓国系航空会社利用のススメ

Pocket
LINEで送る

旅行する人は誰でも現地での滞在時間を最大化したいと思うものです。
特に、帰りは航空会社へのチェックインや手荷物検査、出国審査の時間が読めずに想定以上に早く空港へ行くこともしばしばです。

今回は韓国・ソウルに旅行する人には必見!韓国系航空会社(仁川空港)を利用する際のおススメ出国方法を紹介します。

ソウル駅と仁川空港間の移動は、①空港鉄道(KTX、A’REX)②タクシー③バスがあります。

今回は、①空港鉄道(KTX、A’REX)の利用の場合です。

ソウル駅構内の奥に空港鉄道乗り場があり、そこに韓国系航空会社のカウンターとイミグレーションオフィスが併設されています。

242

ソウル駅構内の韓国系航空会社のカウンター

ここでは、空港と同じようにチェックインと出国審査が可能です。

韓国系航空会社のカウンターでは、通常のチェックインと受託荷物の手続きを行います。スタッフは日本語ができるので非常にスムーズです。

その後、隣にイミグレーションオフィスがあるのでパスポートと搭乗券を渡すと出国審査ができます。

244

チェックインカウンターの隣には出国管理局

以上で、出国の手続きが完了し、安心して仁川空港に向かうことができます。

仁川空港では、そのまま手荷物検査に向かい列で少々並びますが、出国審査は不要なため専用レーンに行くと通過できます。

仁川空港は、アジアでも最大級の旅客数を誇るハブ空港です。そのためチェックイン、手荷物審査、出国審査の所要時間はどうしても多くを要します。

しかし、ソウル駅での手続きは案外利用者も多くなく、スムーズです。

以上が、韓国・ソウルに旅行する人には必見!韓国系航空会社(仁川空港)を利用する際のおススメ出国方法を紹介します。
是非利用して、現地の時間の有効活用や空港での買い物時間の確保しましょう。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© 2017 How To Journey.com. WP Castle Theme by Just Free Themes