シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法

Pocket
LINEで送る

東京23区ほどの大きさしかないシンガポール。
高層ビルが聳え立ち、近代国家の印象を受けます。

しかし、ここは熱帯の南国。
リゾートとしての側面も持ち合わせています。

その代表が、インドネシア領でありながらシンガポールから日帰りが可能なビンタン島です。
週末には、日帰りや1泊でリゾートアクティビティを求めて、主に子供連れの家族が訪れます。

今回は、私もビンタン島を訪れましたので、
シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法を紹介します。

MRTタナメラ駅からバスでフェリーターミナルへ向かう

 

まずは、MRT東西線でタナメラ(Tanah Merah)駅に向かいましょう。

そして、ここからはバスを使って、タナメラフェリーターミナルへアクセスします。
タナメラ駅のバス停から35番のバスでそれが可能です。

進行方向は、シンガポール市街から向かう人は、その進行方向のバス停を利用してください。
具体的には、シンガポールエキスポやチャンギ空港へ向かう方向のバスです。

シンガポールのバスといえば、このSBS Transit

 

タナメラ・フェリーターミナルの外観

チケットの購入方法

 

まず、チケットの購入方法は2通りあります。

・チケットカウンターで購入

・ウェブで予約購入

私が選んだのは、チケットカウンターで購入です。
フェリーターミナルを入って中央に、ビンタンリゾートフェリー社のチケットカウンターがあるので、そこでチケットを購入してください。

チケットのチェックインは、2時間前が推奨されていますが、個人的な感想としては1時間半前あたりまでにできれば問題ないと思いました。
(待合ロビーに自販機と簡単なコーヒースタンドしかないので、時間を持て余すと思います。)
※出発時刻の40分前までにチェックインできなければ、その予約はキャンセルされます。

すでにビンタン島へ向かう日時が決まっている場合は、ウェブでの予約がいいです。
特に週末になると、家族連れの1dayトリップが多いので、断然予約がおススメです。

予約は下記で可能です。
http://www.brf.com.sg/

料金は、http://www.brf.com.sg/から参照すると下記になります。
週末や祝日はpeak料金です。

今回の私は、週中(offpeak)に利用したので、58SGDでした。

ターミナル入口から中央にビンタン・リゾート・フェリーのチケット購入窓口があるので、そこでチケットを購入

搭乗券というよりレシートといった印象

チケット購入後は、出国審査へ

 

ビンタン島、インドネシア領です。
そのため、シンガポール側の出国審査が必要です。

この辺は、日本に住んでいると感覚的に違和感があるところですね。

唯一注意が必要なのは、ビンタン島へは家族連れが多いと先述しましたが、
子供の出国審査が行われるため、時間や手間がかかる可能性があるということです。

ちなみに私の場合は、20分ほどで通過しました。

ビンタン島はインドネシア領。搭乗前に出国審査が必要

Departureの案内に従って進む

フェリーへの搭乗手続き

 

出発時刻の20分前あたりから、搭乗手続きが行われます。
この辺の手続きも、国際線フライトと同様と考えてもらって支障はありません。

係員に搭乗券とパスポートを見せて通過すると、あとはフェリーに乗り込むだけになります。

ゲートを通過し、フェリーまで歩いて向かう。

フェリーは一階がエコノミークラスで、2階が上級のエメラルドクラスになっている。

気になるフェリー内部の様子

 

私が乗ったのは、エコノミークラスなので一階の適当な席を確保しました。
エコノミークラスは自由席なので、先着順に席が選べます。

席はいたって普通。可もなく不可もなくといった感じです。

泊まりで向かう人は、キャリーケースがあると思いますが、
フェリー入口にまとめて置く場所があるので、そちらに預けておいてください。(当然ですが、盗難には注意です。)

また、内部には小さな売店があるので、軽食やドリンクが入手可能です。

船内での注意点は、シンガポールや東南アジアを頻繁に旅行している人はわかるかと思いますが、
とにかく冷房が効いてます。寒さを感じたら羽織れる上着を持っておくことをおススメします。

エコノミーに座席の指定はないため、自由に席を確保できる。もちろん風景を楽しみたいなら窓側の席を確保したい。

一階には小さな売店があり、軽食やドリンクを買うことができる。

海上の様子

シンガポール海峡を通過する巨大なタンカーを縫うように進んでいく。

ビンタン島へは、所要時間が約1時間程度です。

気を付ける点は、インドネシアにはシンガポールの-1時間の時差があります。

そのため、AM10時にシンガポールを出発して航海時間約1時間で、ビンタン島へ到着するのはAM10時です。
違和感しかないのですが、フェリー内で時計をインドネシア時間に合わせておきましょう。

また、帰りは逆に+1時間になるので、AM10時にビンタン島を出発して約1時間の航海をすると、シンガポール到着時刻はPM0時になります。

個人的には、是非窓側の席を確保してほしいと思います。

それは、世界有数の海峡を有するシンガポールの様子を感じることができるからです。
数多く浮かぶ巨大なタンカーを縫うように進むのは、臨場感バツグンです。

シンガポールの海に関する事情は、以下を参照してください。
上空で感じる異様な光景、シンガポール港の世界的ポジション

ビンタン島の玄関口Bandar Bentan Telaniに到着

約1時間で、ビンタン島の玄関口であるBandar Bentan Telaniに到着します。

降船後は、インドネシアの入国審査を通過すると、ビンタン島へ。
なお、インドネシアでは2015年6月12日より30日以内の観光であれば入国ビザの取得が免除されています。

在インドネシア日本国大使館HPを参照。
http://www.id.emb-japan.go.jp/visaj_10_01.html

約60分でビンタン島リゾートフェリーターミナルへ到着。

以上が、長くなりましたが、シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法の紹介です。

週中のビンタン島は、人も少ないのでまったりできました。
是非参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© 2017 How To Journey.com. WP Castle Theme by Just Free Themes