旅で役立つので、フライト中に私が集めているもの。

旅行術
Pocket
LINEで送る

旅に行くたび、「あれが必要だった」「これ持ってきたけどいらなかったな」と思うのは私だけでしょうか。
おそらく、多くの人がそう感じた経験があるでしょうし、そういった無駄は極力なくしたいと思っているはずです。

かくいう私は、旅のモットーは「手軽さ」や「リラックス」としているため、所持品の軽量化などには気をつかい、日々いいものがないか情報収集したり、試行錯誤を惜しみません。

さて、そんな私がフライト中にひそかに集めているものがあります。
今回は、そのアイテムと使用方法を紹介したいと思います。

国際線のフライトでは、フライト時間や航空会社によりますが、ほぼ高確率で機内食がサービスされます。
機内食に必ずつけられているもの、「ウェットシート」です。

私がフライト中に集めているものは、その「ウェットシート」です。
なんだそんなものか!、ケチ臭いな!です。汗

しかし私は、ウェットシートは旅における重要なアイテムのひとつと考えます。
以下に、その理由を示していきます。

 

屋台の食事前に使用

 

旅していると、必ずしもレストランで食事をできるとは限りません。
特に屋台文化が根付いている南国の国々は、現地のソウルフードが屋台に存在することが多く、ついつい屋台に足が向いてしまいます。(私は、その質です。)

そんなとき、役に立つのがウェットシートです。
現地の屋台では、日本でいうおしぼりなんてまず出てきませんし、食事がそのまま提供されます。
暑い中歩いていたりすると、手ぐらい拭きたいと思うのは当然の心理です。

ウェットシートがあれば、そういった不衛生さや不快さを取り除くことができます。

 

スプーンやフォークを事前に拭く

 

これは元同僚のタイ人がやっていたのですが、屋台にある皿やスプーン、フォークなんかを事前にウェットシートで拭いていました。
最近は、タイ人も屋台の衛生面を気にする若年層が多く、よくランチに行くとウェットシートやテーブルナプキンで拭いてる人を見た経験があります。

まあ、そこまですればひとまず安心でしょう。
そして、タイも変わりました。。。

 

子供連れならなおさら

 

ここで書かなくても、子供連れの場合、ウェットシートの類は持っていく人がほとんどだと思います。
が、あえて書かせていただきます。

あると便利です。なにもフライト中に集める必要もありません。

 

以上が、私が現地で使用するためにウェットシートを集めている理由です。

日本から持っていくのは面倒なので、現地で調達(質の良いものがあれば)してバッグにしのばせておくことをお勧めします。(日本から持っていくのもアリです。)

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


旅行術
髪のゴワゴワの理由は?海外のシャワー事情

日本に独特な生活習慣があるように、世界各地にはそれぞれの生活習慣が存在します。 海外旅行に行くと、漏 …

旅行術
先進国で日本だけでは?税関検査の非常識

海外旅行につきものと言えば、移動のためのフライトです。 フライトとなると、空港、出入国手続、税関検査 …

ウズベキスタン
旅行者のためのサマルカンドの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。 いくら英語が世界的言語といえども、世界 …