ビンタン島からシンガポールへ戻るフェリーで気を付けたいこと

インドネシア
Pocket
LINEで送る

東京23区ほどの大きさしかないシンガポール。
高層ビルが聳え立ち、近代国家の印象を受けます。

しかし、ここは熱帯の南国。
リゾートとしての側面も持ち合わせています。

その代表が、インドネシア領でありながらシンガポールから日帰りが可能なビンタン島です。
週末には、日帰りや1泊でリゾートアクティビティを求めて、主に子供連れの家族が訪れます。

今回は、「ビンタン島からシンガポールへ戻るフェリーで気を付けたいこと」についてお話します。

シンガポールからビンタン島へのフェリー乗船については、下記を参照してください。

 

シンガポール入国カードを乗船前に入手すべき

 

端的に結論を話すと、乗船前にシンガポールの入国カードを入手すべきです。

乗船口に案内もなく、ひっそりと入国カードが置かれています。見つけている人は稀で、私が記入していると旅行者が集まってきました。

国際線フライトであれば、機内で入国カードや税関書類は配布されますが、
このシンガポール―ビンタン島間のフェリー内では、シンガポールの入国カードは配布されません。
(少なくとも私が、乗船した便では配布されませんでした。船内にあるかは未確認ですが。。。)

また、このフェリーは基本的に往復チケットを購入し、往復分のチケットが出発のシンガポールで発行されたため、ビンタン島のターミナルでチェックインする必要がなく、そのままインドネシアの出国審査へ向かったため、入国カードをもらうタイミングがなかったです。
(インドネシアの入国書類は、シンガポールのフェリーターミナルのチケットカウンターで入手できたのですが)

何度も海外渡航されている人は、重々承知かと思いますが、
入国審査に並ぶ前に、入国書類を書き上げているかは通過時間に大きく影響します。

是非、事前に入手・記入し、シンガポールの滞在期間を最大化できるように準備しましょう。

おなじみのシンガポール入国カード

以上が、「ビンタン島からシンガポールへ戻るフェリーで気を付けたいこと」です。
参考にしてみてください。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/

Pocket
LINEで送る

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


インドネシア
旅行者のためのジョグジャカルタの街カド言語事情

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。 いくら英語が世界的言語といえども、世界 …

シンガポール
シンガポールからマラッカへ国境越えバスで向かう方法

マレーシアの世界遺産都市・マラッカ。 マラッカ海峡の要衝として、昔から発展し歴史ある都市です。 実感 …

インドネシア
シンガポールから日帰り可能なリゾート・ビンタン島へのフェリー乗船方法

東京23区ほどの大きさしかないシンガポール。 高層ビルが聳え立ち、近代国家の印象を受けます。 しかし …