街歩き用シューズのインソールを選ぶときに考慮したい着眼点

街歩き用シューズのインソールを選ぶときに考慮したい着眼点

旅行で一日歩くような場面では、

スニーカーに機能性の高いインソールを入れた方が良いと書きました。

インソールを入れるだけで、

一日歩いたときの足の疲労感が全く違う実感があります。

しかし、巷に溢れている機能性インソールを入れれば、

どれでも良いわけではありません。

今回は、街歩き用シューズに入れるインソールを選ぶ基準のようなことをまとめてみます。

足の特徴を把握する

まずは、足の形やアーチの高さに着目しましょう。

今は、スポーツショップなどで足型測定サービスがあるので、

それを利用すれば、自分の足の特徴がわかります。

私の場合、土踏まずが広く、足の甲がアーチが高い、

ハイアーチと言われる特徴があります。

街歩き用シューズのインソールを選ぶときに考慮したい着眼点

着眼点①:特徴だけに当てはめたインソール選びをしない

基本的には、その人の特徴に合わせたインソールを選べば問題ありません。

しかし、私はハイアーチの足に対して、

ハイアーチのインソールを使っていません。

店員さんと相談して決めました。(←ここ、大事です。)

そこでの結論は、以下です。

ハイアーチの足にハイアーチ用のインソールを使うというアプローチは、

ランニングのような運動用であれば有効です。

ハイアーチ用のインソールは、アーチサポートが強く、足を入れると窮屈に感じます。

ランニングでは、着地衝撃に耐える必要があることから、

このタイトなアーチサポートが有効に機能します。

また、運動も長くて1、2時間と比較的短いので、多少窮屈でも耐えられます。

しかし、一日中歩くような旅行では、快適性をないがしろにできません。

歩くときの着地衝撃が大きくないことから、

着地により土踏まずが大きくつぶれることがありません。(ランニングなどの運動と比べて)

よって、ミドルアーチ用のインソールで良いのではないか、と提案を受けました。

ハイアーチ、ミドルアーチのインソールを6、7種類試し履きしましたが、

自分はミドルアーチで良いなと思いました。

実際に、十分に足の疲労軽減を実感しています。

※旅行用のスニーカーに入れているのは、SIDAS 3feet・アクションです。

着眼点②:かかとの衝撃吸収機能があった方が良い

アーチサポートに加えて、かかとに着地衝撃の和らげる機能があったほうがいいです。

人間が歩く場合、ほぼ100%、かかと着地です。

よって、かかと部分にジェルが取り付けられているインソールは、

歩くときの快適性が増す感じがしました。

一方、かかとに何の機能性も持たせていないインソールもあります。

私が試した感覚では、かかとがブレるというか心許ない感じを受けました。

必ずショップで試し履きしよう

ここが、主眼な感じもしますが、

インソールの購入に際して、必ずショップで試し履きしてみることをおすすめします。

インターネットで選んで購入することは、おすすめしません。

私のハイアーチの足に対して、

ミドルアーチ用のインソールを使うという発想は、

ショップで現物を試したからこそできた選択です。

ショップであれば、複数の選択肢からインソールを選ぶことができます。

満足いく買い物をするために、必ずショップに行きましょう。

以上が、「街歩き用シューズのインソールを選ぶときに考慮したい着眼点」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/