イシククル湖は、サンライズ観光がおススメ!

日本では馴染みのない国である・キルギス。

その中で、幻の湖と呼ばれるのがイシククル湖です。

旧ソ連時代は、外国人の立ち入り禁止だったことことがありますが、

大きさは琵琶湖の9倍、湖の透明度はロシアのバイカル湖に次ぐ規模を誇っています。

今回は、そんな「イシククル湖でサンライズ観光がおススメ!」を紹介します。

滞在はチョルポンアタで問題なし

冒頭で述べたように、イシククル湖は規模の大きい湖です。

そのため、湖周りに街がちらほらあります。

そこで、最大の街がチョルポンアタです。

イシククル湖は、旧ソ連時代に周辺国の避暑地として人気がありました。

そのため、国の要人や富豪の別荘などが点在しています。

日本人からすると、こじんまりとした街に感じますが、

イシククル湖周辺の街では、このチョルポンアタに滞在するといいです。

ゲストハウスやホームステイも数多くあり、$20以下で滞在できところがほとんどです。

ピークである夏は、予約しておいた方がいいようです。

チョルポンアタの街並み。結構こじんまりとしています。

サンライズを見るために、東向きのビーチを狙う

さて、肝心のサンライズを観る場所です。

当然、太陽が出てくるのは東からなので、

東向きのビーチを狙う必要があります。

チョルポンアタには、ホテル専用のビーチもありますが、

誰でも入れるビーチも近くに多くありますので、それを狙うといいでしょう。

私が、おススメするのは下記辺りのビーチです。

東向きに作られているので、サンライズ鑑賞にはバッチリのロケーションです。

このビーチの南にも、東向きのビーチがあります。

どちらかを選択するといいのではないでしょうか。

事前に、チョルポンアタの日の出時間を調べることを忘れないでください。

(今だとアプリやネット検索で可能だと思います。)

イシククル湖のサンライズ。湖面を照らす光は、一見の価値ある絶景。

海外旅行でのトラブルは未然に回避しよう

海外に渡航する前の情報収集は、非常に有効です。

特に、現地でのトラブルは自分に応用できることが多いです。

これらは、知っていれば防げるケースが多く、

トラブルで海外旅行が悪い思い出になるのは、もったいないです。

私が海外旅行でのトラブルを防ぐにあたって、

気をつけていることをまとめているので、参考にしてもらえればと思います。

私が旅先で見かける日本人は、これらがほとんど出来てません。

渡航前の準備

現地行動の心構え

以上が、「イシククル湖は、サンライズ観光がおススメ!」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/