九州各地から車でハウステンボスへ行くときは、NEXCO西日本のドライブパスを利用しよう

九州各地から車でハウステンボスへ行くときは、NEXCO西日本のドライブパスを利用しよう

九州の各地から車でハウステンボスを訪れる場合、

NEXCO西日本が販売するドライブパスを利用することをおすすめします。

このドライブパスの主旨は、高速道路が乗り放題になるプランですが、

出発エリアによっては往復するだけで元がとれてしまいます。

移動費をできるだけ節約して、ハウステンボスでの滞在を楽しみましょう。

ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス

NEXCO西日本では、九州地方の高速道路が定額料金で乗り放題となるお得なプランを販売しています。

それが、「ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス」です。

この「ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス」には、

・九州全域乗り放題プラン

・北部九州乗り放題プラン

・西部九州乗り放題プラン

・南部九州乗り放題プラン

の4種類のプランがあります。

ハウステンボスの最寄りICは、佐世保大塔ICです。

上記の4種類のプランの中で、佐世保大塔ICが乗り放題の範囲に含まれるのは、

・九州全域乗り放題プラン

・西部九州乗り放題プラン

の2つです。

ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパスの利用条件

NEXCO西日本が販売する「ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス」を利用する要件は以下です。

実施期間

2023年4月1日(土)~

※ゴールデンウィークやお盆、お正月期間中は利用できません。

利用対象車両

ETCを利用できる軽自動車等(二輪車を含む)・普通車

申込方法

高速道路の利用する前までに公式サイトで申し込みます。

https://www.michitabi.com/roundtour/kyushudrive/

※出発の1カ月前からお申し込み可能。
※各プランごとに同一ETCカードにつき、1月1日~12月31日までの間で年4回お申し込み可能。
※お申し込みにはETCカード番号が必要。

九州主要都市からのハウステンボスへ向かう場合のオトク額

九州各県の主要都市からハウステンボスへ向かう場合の適用可能プランを、以下にまとめています。

以下の主要都市の中で、

単純に往復するだけで元が取れるのは、熊本市、宮崎市、鹿児島市です。

出発地主要IC九州全域
プラン
西部九州
プラン
単純往復による
オトク額(普通車)
長崎市長崎IC
佐賀市佐賀大和IC
福岡市太宰府IC
北九州市八幡IC
大分市大分IC
熊本市熊本IC420円
宮崎市宮崎IC2,960円
鹿児島市鹿児島IC2,600円

単純往復でお得でなければドライブパスは使えないのか?

では、単純往復でお得な熊本、宮崎、鹿児島以外は、

今回のドライブパスを利用する価値がないのか?というと、そんなことはありません。

このプランは期間中(2~4日間)の高速道路が乗り放題です。

例えば、長崎市内→ハウステンボスのようなルートで回ると、

乗り放題プラン料金よりオトクになることが多いです。

週末に欲張りな観光プランをオトクに楽しめます。

以上が、「九州各地から車でハウステンボスへ行くときは、NEXCO西日本のドライブパスを利用しよう」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/