先進国で日本だけでは?税関検査の非常識

海外旅行につきものと言えば、移動のためのフライトです。

フライトとなると、空港、出入国手続、税関検査なんかが思い浮かぶと思います。

今回は、「先進国で日本だけでは?税関検査の非常識」を紹介します。

 

海外の税関検査

 

海外旅行に行く方は、ご存知でしょうが、だいたいの国は以下のような標記があります。

申告するものを携行する人は、「GOOD TO DECLARE」へ。 (出典:https://www.customs.gov.hk/)

申告するものがない場合は、「NOTHING TO DECLARE」へ。
(出典:https://www.customs.gov.hk/)

写真は、香港の税関の様子です。

ほとんどの人は、税関に申告するものはないと思うので、税関申告書の用紙をボックスに入れたり、税関申告書が要求されない国はそのまま「NOTHING TO DECLARE」のゲートを通っているでしょう。

税関検査で並びました!という人は聞きません。

(よほど怪しいか、私の場合は共産圏の国ではダラダラと並ばされます。)

非常にスムーズに運用されています。

ちなみに、「GOODS TO DECLARE」を通ると係員がいて対応しています。

 

日本の税関検査では、万人が並ぶ

 

これまでに述べたように、海外では非常にスムーズな税関検査。

日本では、そうではありません。誰でもかしこも並ぶんです。

少なくとも私の経験では、先進国において万人をチェックしているのは日本ぐらいです。

共産圏の国だけではないでしょうか?こんな人海戦術をやってるのは。

(出展:税関HPより)

こんな感じで一人一人、検査されます。

かわいそうなのは、終電とか時間の制約がある人でしょうね。

間違いなく税関検査は、お寒い方のクールジャパンとしか言いようがありません。

せめて、申告用と申告なし用(ネーミングがいまいち)に分けて、渋滞緩和をしてほしいですね。

 

以上が、「先進国で日本だけでは?税関検査の非常識」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/