台中から日月潭までバスでのアクセス方法

台湾の避暑地の一つである日月潭。
あの蒋介石が別荘を持っていたことでも有名です。
そして、その日月潭へ台湾の主要都市からアクセスするには、台中がベストです。

今回は、バスで台中から日月潭まで行ってきましたので、その経過を紹介します。

台中駅舎

台中駅舎

 

南投客運バスターミナルへ

 

日月潭へは主に南投客運がバスを出していますので、まずはそのターミナルを目指します。
場所は、台中駅から少し東へ行った「干城」というバス停の近くです。

この通りをまっすぐ

この通りをまっすぐ

この看板が目印の南投客運

この看板が目印の南投客運

 

切符の購入とバスの間隔

 

010

このカウンターで切符を購入できます。

日月潭まで往復で340元です。
バスの運行間隔は、7:45が始発で、その後15~20分おきに日月潭行きが出ています。

なお所要時間は約2時間で、乗った際は渋滞なく進みました。

台湾高速バス必須のUSBポート

台湾高速バス必須のUSBポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/