海外のストロー事情

皆さんは、普段ドリンクをどのような形で飲むことが多いですか?
ペットボトルですか?タンブラーですか?

今はマイボトルを持ち歩いている人も多いでしょうし、コンビニで買って缶やペットボトルで飲む、レストランなどの飲食店に行けば、グラスでサービスされるでしょう。

今はこうして話をしているので思い浮かべていると思いますが、
容器に特別な感情がある人以外は、気にも留めないようなことだと思います。

 

ドリンクを頼むとなぜか必ずストローを渡される

海外旅で、ドリンクを頼むと必ずストローを渡されます。

当初は理由がわからず、気にせずにドリンクを飲んでいました。
いつものように直接、口をつけて。

しかしこれは、グラスだけでなく缶やペットボトルでも同じことで、絶対にストローを渡されるんです。

そこで理由を現地の人に聞きました。
そもそも海外では、缶やペットボトルに直接、口をつけてドリンクを飲むという感覚がないようです。

直接、口をつけない理由は単純で「衛生上、汚い」からです。
確かに言われてみれば、きれいではないと思いますが、そんなに気にすることなのかなと思います。

グラスに移し替えても、グラスにストローを差して飲んでいるので、グラスも汚いと考えているのでしょう。

しかし、唯一の例外があります。

ビールです。

彼らは、ビール瓶にストローをつけて飲みませんし、グラスビールにストローを差しては飲みません。

完全ダブルスタンダードやん。

ちなみに、私にはビールにストローが添えられていたことがあります。
ということは、ストローを差して飲む人もいるのかもしれません。

なんとも出口の見えないストローの事情です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/