海外渡航前に確認したい現地の安全に関すること

日本。

何度も海外渡航していると、こんなに「治安が良くて安全な国はない」とつくづく思います。

しかし、それは素晴らしいことではあるものの、日本での安全の感覚が海外諸国とは異なることの裏返しでもあります。

せっかくの海外旅行で危ない思いをしたくない。

みんなそうです。

今回は、私が渡航前に最低限確認してほしいと考えている現地の安全に関することを紹介します。

海外安全ホームページを確認しよう

まずは、ド定番からです。

外務省は邦人の海外渡航に関して、特設の「海外安全ホームページ」を運営しています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

ここで、海外危険マップを使って渡航予定の安全情報を把握しましょう。

(引用元:anzen.mofa.go.jp)

海外危険マップの良さは、危険レベル別でカラーとして視覚的に捉えることができます。

さすがにレベル4に該当するエリアへ渡航する人は限られると思いますが、まずは全体を俯瞰します。

渡航先の日本大使館の安全情報でフォロー

渡航エリアの全体的な安全情報が確認できたら、次のステップです。

私は次に、在外公館(日本大使館)の安全情報を確認します。

在外公館とは、日本が他国との外交や自国民の保護、他国民への査証業務の提供ために他国内に設置している施設です。

在〇〇日本大使館と検索してみましょう。

(タイへ渡航する場合、在タイ日本大使館と検索します。)

在タイ日本大使館トップ

(引用元:https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)

在タイ日本大使館安全情報

(引用元:https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html)

表示されたページで、「重要新着情報」「海外安全情報」「渡航情報」を確認します。

ここでは、邦人(日本人)の渡航に関することや安全に関することが掲載されています。

邦人の個別事件についても触れられているので、身がキリッと引き締まると思います。

ここまでやれば、海外渡航前の情報収集は出来上がったいるといえるでしょう。

たびレジで気持ちにお守りを持つ

最後は、「たびレジ」に登録しましょう。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

「たびレジ」とは、外務省が提供している海外安全情報配信サービスです。

たびレジに登録すると、

・旅先(渡航期間中)の安全情報を入手

・最新情報をメールで受信

・現地で事件や事故に巻き込まれたら素早く支援を受けられる

が可能です。

私は、海外安全ホームページと在外公館ホームページで事前に情報収集し、渡航中はたびレジで最新情報を受け取るというのが、最も好ましい安全情報の収集だと考えています。

たびレジに登録することで、お守りを持つ感覚です。

渡航前に登録しておきましょう。

以上が、「海外渡航前に確認したい現地の安全に関すること」です。

当たり前ですが、自分の身は自分で守るしかありません。

事前に知っているかどうかで、現地での行動も変わってきます。

安全に海外旅行を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/