ブダペストのクリスマスマーケットを訪れてみました

2019年の年末に中央ヨーロッパに渡航しました。

年末と言えば、カウントダウンですが、キリスト教徒の多い国ではクリスマスの方が大きなイベントです。

ハンガリーのブダペストを訪れたときにクリスマスマーケットを訪れたので、その様子を紹介します。

訪れたのは、三箇所です。

①聖イシュトヴァーン大聖堂の前 おすすめ度:★★★

最もおすすめは、聖イシュトバーン大聖堂前の広場で展開されているクリスマスマーケットです。

テイクアウトのデザートや食事が充実しています。

広場だけでなく、聖イシュトヴァーン大聖堂に続く通りにも露天が並んでいて、見て回るだけでも楽しめます。

また、私が訪れたときはPM19:00から聖イシュトヴァーン大聖堂でプロジェクションマッピングがありました。

ブダペスト旅行のハイライト的な瞬間でした。

②ブダペスト中央広場 おすすめ度:★★☆

次に、ブダペスト中央広場です。

目の前にデアーク・フェレンツ通りという目抜き通りがあります。

そのため人通りと活気がすごかったです。

物販だけでなく、デザートや食事の露店もあります。

ショッピングの休憩がてら見て回るようなクリスマスマーケットです。

③デアーク広場 おすすめ度:★☆☆

最後は、デアーク広場のクリスマスマーケットです。

前述する二箇所と比べて、こじんまりとしています。

申し訳ありませんが、際立った特徴もありません。

ただ、人通りが多いエリアなので、賑わいは多かったです。

②と同様に、ショッピングのついでに立ち寄るクリスマスマーケットです。

以上が、私がブダペストで訪れたクリスマスマーケットです。

何箇所も見ていると、同じようなものも多いですが販売スタイルは様々。

日本の屋台とは違ったスタイルで、新鮮でした。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/