プラハ本駅のコインロッカー事情

日本からヨーロッパに旅行するとなると、それ相応の荷物になると思います。

その荷物を、入国して、ホテルに直行で預けることができれば問題ないですが、そうはいかないこともあるでしょう。

今回は、チェコのプラハ本駅を訪れてコインロッカーを利用したので、その様子を紹介します。

なお、プラハ本駅へはオーストリア・ウィーンから列車で入りました。

興味がある方は、以下も参考にしてみてください。

プラハ本駅について

まずは、プラハ本駅についてです。

プラハ本駅は、プラハ中心部にある鉄道駅です。

チェコ・プラハとヨーロッパ各国を結ぶ国際列車が多数発着しています。

ヨーロッパの他都市から列車でプラハへ入る場合は、ほぼこのプラハ本駅を利用することになります。

内部は、2012年に改修されて新しかったです。

しかし、地下鉄の自販機などは結構古くて使いにくいものも残っていて、独特な感じでした。

駅ピアノとか欧州感満載です。

プラハ本駅のコインロッカーの場所

エアビーのチェックインまで時間があったので、プラハ本駅のコインロッカーを利用しました。

場所は、1階の奥の方にあります。

プラハ本駅の構内には、多くの案内板があるので、それに従って進んでください。

コインロッカーの入り口がここです。

コインロッカーの使い方

次にコインロッカーの使い方です。

プラハ本駅のコインロッカーは3種類あります。

色別に料金が異なるので注意しましょう。

白いドアのコインロッカー…100コルナ

赤いドアのコインロッカー…120コルナ

青いドアのコインロッカー…80コルナ

※24時間の預けることができる料金です。

※深夜の0時30分~3時30分まではクローズなので、荷物の出し入れはできません。

私は、白いドア(100コルナ)のロッカーを利用しました。お正月期間だったので、空きロッカーを探すのに苦労しました。

利用者が非常に多かったです。

使い方はシンプルで、右上に硬貨(10コルナ、20コルナのみ)を入れて、下の鍵を左にずらすとロックできます。(鍵は持っておきます)

荷物の受け取りは、その鍵を入れて、右にずらします。

日本のコインロッカーの使い方に近いので、操作は迷いませんでした。

なお、コルナ紙幣しかない場合は、コインロッカーのエリア内に両替機があります。

しかし、100コルナと200コルナ紙幣のみ両替可能なので注意しましょう。

以上が「プラハ本駅のコインロッカー事情」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/