FLIXBUS搭乗記ースロバキア・ブラチスラバ~ハンガリー・ブダペスト

2019年の年末に中央ヨーロッパを訪れたときに、FLIXBUS(フリックスバス)を初利用しました。

その後、スロバキアの首都・ブラチスラバからハンガリーのブダペストまで、再度FLIXBUSを利用したので、その様子もここに書いておきます。

FLIXBUS(フリックスバス)について

FLIXBUS(フリックスバス)について再度、触れておきます。

ネットでの予約方法などは以下を、参照してください。

フリックスバスは、ドイツを本社に置く格安高速バス会社です。

格安長距離バス会社としては、ヨーロッパ最大の規模を誇っています。

そのため、ヨーロッパの主要都市へはだいたいフリックスバスを使って、アクセス可能です。

出発:ブラチスラバ・バスターミナル

出発は、ブラチスラバ・バスターミナルです。

旧市街から東へ徒歩10~15分でアクセス可能です。

バスチケットは、事前にインターネットで予約していました。

ターミナル内の電光掲示板を確認して、その乗り場へ向かいます。

私が乗ったのは、Presov行き(ブダペスト経由)でした。3番のりばです。

ブラチスラバの土地柄、オーストリア・ウィーン行きが多数発着していました。

もし、チケットの入手がまだの場合は、窓口で入手しましょう。

道中:ブラチスラバーブダペスト

出発10分前に3番のりばに向かうと、すでにバスが到着していました。

スタッフにチケットを提示して、バスに乗り込みます。

座席指定していましたが、まったく関係ない感じで座りました。

内部は、プラハーブラチスラバより狭かったです。

シート自体もそうですが、シートの感覚も日本の高速バスと変わらない感じでした。

私は特に違和感なかったですが、体が大きい現地の人は明らかに窮屈そうに乗っていました。

このまま出発して、2時間40分ほどでブダペストに到着します。

プラハーブラチスラバ間もそうでしたが、車内は爆睡でした。汗

途中、給油で停車しましたが、トイレに行こうとしたら止められました。

到着:ブダペスト・Népligetバスターミナル(2時間40分後)

ほぼ定刻どおりにブダペストのNépliget(ネープリゲト)バスターミナルに到着しました。

Népliget(ネープリゲト)バスターミナルはブダペスト郊外に位置しています。

ブダペスト発着の長距離バスが、このターミナルを利用することになります。

到着後は、バスと地下鉄を乗り継いでブタペスト市街の宿へ向かいました。

ブダペストの宿選びは、以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

以上が、「FLIXBUS搭乗記ースロバキア・ブラチスラバ~ハンガリー・ブダペスト」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/