交通費は600円だけ!【金沢観光のマストアイテム】1日フリー乗車券で金沢市内を回ろう

交通費は600円だけ!【金沢観光のマストアイテム】1日フリー乗車券で金沢市内を回ろう

金沢と言えば、歴史的な街並みやアートや工芸などの文化が融合した街です。

今や、日本有数の観光地と言えるでしょう。

そんな金沢市内観光のマストアイテムがあります。

それは、北陸鉄道が販売している北鉄バスの「金沢市内1日フリー乗車券」です。

主要観光地を回る周遊バス

金沢には、「城下まち金沢周遊バス」というバスが走っています。

金沢駅を拠点として、金沢市内の主要観光地を巡ります。

旅行者に、うってつけのバスです。

(引用元:https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/

そこで、「金沢市内1日フリー乗車券」が販売されています。

金沢観光をする人は、購入してまず損はしないバス乗車券です。

金沢市内1日フリー乗車券の概要

金沢市内1日フリー乗車券の概要です。

http://www.hokutetsu.co.jp/tourism-bus/oneday

運賃…600円

1区間…200円

購入できる場所…金沢駅(北鉄駅前センターなど3ヶ所、片町サービスセンター北鉄バスサービスセンター金沢エムザ店

写真は、金沢駅東口バスターミナル北鉄グループ案内所

運賃の600円は、3回乗れば、もとが取れます。

間違いなく3回以上乗りますので、絶対にお得です。

フリー乗車券を購入すると、半券がもらえます。利用は、これを下車時に提示するのみです。

また周遊には、左回りと右回りルートがあります。

行きたい観光地に合わせて、選びましょう。

ずっと同じ回り方のルートに乗らないといけないわけではありません。

イマイチな点は、最終バスが18時台と早いことです。

日中にがっつり観光して、夜はゆっくりと過ごすプランがいいですね。

周遊バスで行く金沢主要観光地

最後に、この周遊バスを使って回れる主要観光地を紹介します。

どれも超有名観光地ですが、

こちらの1日フリー乗車券を使えば、1日の交通費は600円しかかかりません。

観光客は、絶対に購入した方がいいです。

金沢駅

金沢駅が旅行の基点になる人も多いでしょう。

行き帰りなど手荷物が邪魔な場合、

金沢駅のコインロッカーを利用するといいです。

近江町市場

近江町市場は、営業日に注意です。

水曜、日祝日は閉まっているお店が多いです。

香林坊・片町

21世紀美術館

金沢城

兼六園

ひがし茶屋街

金沢駅からひがし茶屋街に行くときは、周遊バスの右回りルートを使いましょう。

金沢駅から3つ目のバス停と近く、

降車場所も左回りルートと比べてひがし茶屋街に近いため、歩く距離が少なくてすみます。

金沢市内一日フリー乗車券を最大限に活用するヒント

最後に、私が金沢市内一日フリー乗車券を3日連続使い倒して会得した、この券を最大限に活用するヒントを紹介します。

10月11月の金沢旅行は紅葉、蟹、マラソンで要注意

金沢は、秋のシーズンは見どころが多いです。

代表的なのは、紅葉と蟹です。

しかし、忘れてはいけないのは金沢マラソンです。

例年10月か11月の日曜日に開催されています。

金沢マラソンと旅行日程がカブると、宿は高く、マラソン当日の交通規制で金沢市内観光もままなりません。

くれぐれも日程のチェックは忘れないようにしましょう。

以上が、「交通費は600円だけ!【金沢観光のマストアイテム】1日フリー乗車券で金沢市内を回ろう」です。

1日フリー乗車券を購入すれば、観光地へのルートを考える必要がありません。

存分に金沢観光に集中できます。

金沢旅行お役立ち情報まとめ

金沢を訪れたときの情報をまとめています。

実際に訪れたときに得た雑学や失敗談、経験が基になっています。

金沢を旅行される人の参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/