金沢市内一日フリー乗車券利用のヒントその3 :周遊バスが終わっても、夜は北鉄バスで使える

金沢市内一日フリー乗車券利用のヒントその3 :周遊バスが終わっても、夜は北鉄バスで使える

金沢市内観光には、北鉄バスが運営している「金沢市内一日フリー乗車券」がマストアイテムです。

簡単にもとが取れてしまいます。

金沢観光に行った際に、このフリー乗車券に大変お世話になりました。

その中で、何点か気づきがあったのでここで紹介します。

周遊バスが終わっても北鉄バスで使える

その3は、周遊バスが終わっても北鉄バスで使えるということです。

周遊バスは、18時台に終わります。

そうすると、夜は一日フリー乗車券が使えなくなります。

ということは、ありません!

この一日フリー乗車券は、周遊バスだけではなく、北鉄バスでも使えます。

よって、周遊バスの営業が終わったら、通常の北鉄バスに乗りましょう。

そうすれば、夜もフリー乗車継続です。

私は、これを利用して、金沢駅の鼓門とひがし茶屋街を観に行きました。

特にひがし茶屋街は、夜の人気が少なくて良かったです。

一日フリー乗車券を夕方まででお役御免にするのは、もったいないです。

ただし、バスの経路がさっぱりわからないと思います。

Googleマップの経路検索で、乗るべきバスを見つけましょう。

ここにTIPSはないです。

以上が、「金沢市内一日フリー乗車券利用のヒントその3 :周遊バスが終わっても、夜は北鉄バスで使える」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/