ヨーロッパの人々がオープンテラスを好む理由

ヨーロッパの人々がオープンテラスを好む理由

ヨーロッパを旅行すると、

レストランやカフェのオープンテラスで過ごす人がやたらと多いことに驚きます。

肌寒い季節も例外ではありません。

レストランでは、テラスは満席なのに室内はガラガラなんて光景もよく見かけます。

なぜヨーロッパの人々は、そんなにオープンテラスが好きなのでしょうか?

私は、彼らにとっての「太陽光が非常に価値の高いものだから」だと考えています。

ヨーロッパの人々がオープンテラスを好む理由

ヨーロッパの気候

ヨーロッパの大部分の気候は、ケッペンの気候区分では温帯(記号:C)に属します。

気温は大きく上下せず、雨は通年で降ります。

日本と似たような気候と思ってもらえればいいでしょう。

しかし、日本とは重要な点で異なります。

ヨーロッパは、夏が短く冬が長い

それは、緯度が高いことで、「夏が短く冬が長い」という点です。

高緯度に位置する場所というのは、太陽高度は低くなります。

これが、ヨーロッパの冬が長い原因です。(詳しい説明は、割愛します。)

以下は、ヨーロッパ主要都市と札幌、東京、大阪、鹿児島の緯度です。

都市名緯度(北緯)
札幌43°
東京36°
大阪34°
鹿児島31°
パリ(フランス)48°
ベルリン(ドイツ)52°
ミュンヘン(ドイツ)48°
プラハ(チェコ)50°
ブダペスト(ハンガリー)47°
コペンハーゲン(デンマーク)55°

パリを筆頭にこれらの主要都市全ては、実は北海道稚内市より高緯度に位置しています。

これに1月1日の日の出、日の入り時刻と日長時間(陽が出ている時間)を加えます。

そうすると、日本より約1時間は太陽が出ている時間が短いことがわかります。

都市名 緯度(北緯) 日の出時刻日の入り時刻日長時間
札幌43°07:0616:109:04
東京36°06:5116:389:47
大阪34°07:0516:589:53
鹿児島31°07:1517:2410:09
パリ(フランス)48°08:4417:048:20
ベルリン(ドイツ)52°08:1716:037:46
ミュンヘン(ドイツ)48°08:0416:308:34
プラハ(チェコ)50°08:0116:108:11
ブダペスト(ハンガリー)47°07:3216:038:31
コペンハーゲン(デンマーク)55°08:3915:487:09

私は、冬にプラハ(チェコ)やブダペスト(ハンガリー)を訪れた経験がありますが、

朝は全然明るくならないし、陽はすぐに暮れます。

もう15時ぐらいで薄暗いです。

暗くなってきたので17時くらいかと思っていると、15時過ぎだった記憶があります。

旅行していて、鬱屈とした気分になりました。(ライトアップがきれいですが)

一旅行者の感覚なのかなと思っていたのですが、

冬季の日長時間が短い北欧では、精神疾患にかかる患者の割合が高いそうです。

人間、太陽の光を浴びないとどうにかなってしまうのは、万国共通ですね。

このようにヨーロッパに住む人にとって、太陽光に対する羨望は高いと言えます。

ヨーロッパの長く、暗い冬が、

彼らをオープンテラスに座らせているのでしょう。

以上が、「ヨーロッパの人々がオープンテラスを好む理由」です。

日本でもオープンテラスのある場所が増えています。

しかし、そこまで利用者は多くない印象です。

日本には、それなりに日照時間があり、四季もあります。

その点から、わざわざオープンテラスに座る必要がないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/