シュエダゴン・パヤー観光で気をつけるべきこと

ヤンゴン市街の北、シングッダヤの丘に建つ金色の仏塔がシュエダゴン・パヤーです。
金色に輝く姿と雰囲気や聖なる力は、ミャンマー人だけでなく多くの観光客を引きつけます。

しかし、このシュエダゴン・パヤーの観光について気を付けるべき点があります。

img_6014

ミャンマー最大の聖なる地シュエダゴン・パヤー

 

服装は、短パンNG

 

シュエダゴン・パヤーは神聖な場所です。そのため、ひざ上の短パンは入場NGになります。また、女性は胸元の開いた上着などの露出が多いと入場拒否されますので注意してください。
東南アジアではよくあることですが、このシュエダゴン・パヤーも例外ではありません。

 

境内は土足厳禁

 

ミャンマーの寺院は基本的に土足厳禁です。靴下もダメで裸足でなければなりません。
そのため、シュエダゴン・パヤーの入口では、靴を入れるビニール袋が配られたりしています。もしもらったときは、チップを渡すとスマートです。
ちなみに北口にはロッカーがあり、スタッフに靴を渡すと、無料で預かってくれます。(このときもチップを渡すとスマートです)

img_6015

パンフレットにもNGな服装が記載されている

以上が、シュエダゴン・パヤー観光の気を付けるべき点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/