夜の大人の楽しみはどこにある?ドバイのアルコール事情

海外旅行に行くと、日本と勝手が違うことが多くあります。
特に、日本人と馴染みのない宗教による習慣などは最たる例です。

それは、世界的な国際都市であるドバイでも同じようなことが言えます。
ドバイといえどもイスラム圏であり、その習慣はイスラム教によるところが大きいのです。
そして、イスラムの戒律の一つがアルコールが厳禁ということです。

今回は、夜の楽しみといえるドバイのアルコール事情を紹介します。

結論としては、旅行者はドバイでお酒を買うことができません。
(空港の免税エリアを除く)

 

アルコールのない場所

 

319

スーパーでのワンショット

街中の食堂やスーパーには、ノンアルコールビールやソフトドリンクしかありません。
また一般的には、ホテルのレストランにあると言われていますが、すべてのホテルのレストランでアルコールが提供されているわけではありません。

むしろ、提供しているレストランやホテルが少数派です。

 

アルコールのある場所

 

では、どこで飲めるのか?

・外資系のホテル(レストラン、バー)

世界に名の知れたようなホテルのレストランには、必ずアルコールがあります。
また、そういったホテルにはレストランだけでなく、バーを併設しているので、そちらを利用するのも手です。
加えて、ナイトクラブもあります。ちょっと覗いてみると面白いです。

・ショッピングモールの人目につかないレストラン

ドバイでは、人目につく場所で飲酒することはできません。
しかし、ショッピングモールのごくわずかなレストランで、店舗内のみアルコールを提供しています。

429

スーク・アル・バザール

例えば、ドバイ最大のショッピングモールであるドバイモールの先にあるスーク・アル・バハール。
このモールのレストランは、たいていアルコールを提供しているようです。(行くと、たしかに閉鎖的な感じ)
しかも、ハッピーアワーの表示もあり、昼からでも飲酒ができるようです。

その他、パーム・ジュメイラの目玉であるアトランティス・ザ・パーム内のレストランでも飲酒できるようでした。

しかし、旅行記などを拝見していると、持参している旅行者がほとんどようです。
どうしても飲みたい人は、持参してホテルの部屋で飲む方が確実です。

また、draft beer(1 pint)が約1,000円ぐらいするので、割高と言えます。

以上が、夜の楽しみといえるドバイのアルコール事情を紹介です。
旅行者には厳しいですが、居住者はリカーパーミットがあればドバイ内で購入だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/