トランジット中に観光できる!ワルシャワ・ショパン国際空港での便利なコインロッカーの使い方

世界遺産にも登録されているポーランドの首都・ワルシャワ。

歴史だけでなく、ショパンなどの芸術の都としても知られています。

 

世界遺産登録されているワルシャワの旧市街は、トランジット(乗り継ぎ)中に観光できるぐらいに国際空港との距離が近いです。

そのため、私はトランジット中に観光に出かけることをおすすめします。

しかし、その時に心配なのが、大きな手荷物です。

 

今回は、トランジット中に観光するために、「ワルシャワ・ショパン国際空港での便利なコインロッカーの使い方」を紹介します。

 

ワルシャワ・ショパン国際空港

まず、ワルシャワ・ショパン国際空港を簡単に説明します。

ワルシャワ・ショパン国際空港は、ポーランドのフラッグキャリア・LOTポーランド航空の本拠地で同国最大の規模です。

日本から到着する場合、成田発のLOTポーランド航空の便を利用します。(日系航空会社は飛ばしていません。)

 

アクセスは、バス及び列車を使います。

到着後、ワルシャワ市内まで30分ほどでアクセスできる好立地です。

今回、私はエストニア・タリンへのトランジット時間が5時間でした。

そこで、その時間を利用してワルシャワ市内の旧市街へ観光に向かいました。

 

コインロッカーの場所

私がそうだったように、空港を飛び出してワルシャワ市内へ観光に出かける場合、ネックは手荷物です。

そのときは、ワルシャワ・ショパン国際空港にあるコインロッカーを使いましょう。

有人の荷物預け所はありません。

行き方は、空港到着口を出て、バス・タクシー乗り場へ向かいます。

頭上には案内盤、床には案内経路があるので、迷わず行けます。

頭上の案内を見ながらバス・タクシー乗り場へ向かってください。

頭上の案内です。

床にも、このようにラインが引いてあります。迷いようがありません。

するとマクドナルドがあります。

そこから、外に出るとタクシー乗り場があるでしょう。

その付近の横断歩道を渡ってください。

タクシー乗り場です。ここに横断歩道があります。

すると、そこにコインロッカーを示す案内があるはずです。

左に向かうとコインロッカーがあります。

あとはそれに従ってください。

ここが、コインロッカーです。

 

コインロッカーの使い方

コインロッカーのサイズは、3種類あります。

一番小さいものが、荷物用です。

より大きい荷物の場合は、その他のスキー用とゴルフ用を使ってください。

一番小さいロッカーでも、機内持ち込みできるキャリーケースは十分入ります。

荷物用ロッカーは、14ズロチで24時間預けることができます。

3種類ありますが、Big Lockerでこと足りるはずです。14ズロチで24時間利用できます。

使い方は荷物、料金(コイン)を入れて、鍵を回すという「日本式」ロッカーと同様です。

wolneが利用可能という意味です。上にコインを14ズロチ入れます。

zajetは利用中の意味です。鍵を回すとまた取り出せます。

https://www.lotnisko-chopina.pl/en/luggage-lockers.html#tab35

 

最大の問題は、コインをどうするか

 

ここで、このロッカーの最大の問題点を挙げておきます。

それは、コイン(硬貨)しか使えないことです。

 

14ズロチをコインで用意する必要があります。

私は、当然ズロチを持っていなかったので、まずはキャッシングで100ズロチ(≒3000円相当)を入手します。

 

しかし、ズロチは、

1、2、5→コイン(硬貨)

10、20、50、100、200→紙幣

なので、なんとか100ズロチを崩して、必要数をコインにする必要があります。

両替機はありませんので、ミニマートやレストランで崩すことになりますが、ミニマートを利用しても、10や20ズロチ紙幣でお釣りが返ってくるので効果はなし。コインでお釣りを要求してもダメでした。

 

結果的にコインを入手できたのは、先述したマクドナルドです。

 

無駄にコーラを注文して、「ロッカー使いたいから、20ズロチをコインで欲しい」と伝えると、準備してくれました。

利用する人は、間違いなくコイン問題に直面することになると思うので、頭に入れておいてください。

両替機があれば、一発で解決なんですが。

以上が、「ワルシャワ・ショパン国際空港での便利なコインロッカーの使い方」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/