ワルシャワ・ショパン国際空港からバスで市街地へ向かう方法

ポーランドの首都・ワルシャワは世界遺産に登録されている歴史的な街です。

旅行者にとっては、街がさほど大きくなく、観光しやすいのがメリットで、空港と市街地がさほど離れていないことから、ワルシャワでの乗り換えの合間に観光することが可能です。

今回私は、エストニアへの乗り換え(トランジット)の時間を利用してワルシャワ観光をしてきました。

そこで、「ワルシャワ・ショパン国際空港からバスで市街地へ向かう方法」について紹介します。

まず手荷物がある場合、ワルシャワ・ショパン国際空港のコインロッカーに荷物を預けると便利です。

なお有人の預け荷物サービスは、ワルシャワ・ショパン国際空港にはありません。

 

バス乗り場へ

ワルシャワ・ショパン国際空港は、中心部から10kmほどの場所にあります。

市街地へは非常に近く、所要30分ほどでアクセスできます。

アクセス手段は、タクシー、市バス、列車があり、私は市バスを使い市街地へ向かいました。

出口を出ると、床を見てください。

ラインが引いてあり、各交通手段の導線を表示してあります。

これに従っていくと、バス乗り場に着きます。

BUSは紫のラインに従って進みます。

頭上にもしっかりと案内板があるので、迷いません。

外に出ても案内があるので、それに従います。

目の前にバス停があるので、すぐわかると思います。

 

175番バスに乗る

ワルシャワ市街地へは、赤と白でペイントされたバスの175番に乗ります。

この175番バスは、ワルシャワ中央駅~旧市街まで行きます。

観光であれば、旧市街をスタートにするといいので、このバスに乗ってください。

切符は、バス停に設置してある自販機で買えます。

また、バスに乗ってからでも車内にも自販機があるので購入可能です。

どちらも現金だけでなく、クレジットカードを使って購入できるので便利です。

購入にはPINコードの入力が必要なので、事前に確認してから渡航するようにしましょう。

 

料金は、4.4ポーランドズロチです。30分かからずに旧市街地近くまで行けるでしょう。

ポーランドのバスは、時間制です。

75分間であれば、乗り放題です。

今回であれば、16時59分までしか乗車できません。

地図の場所で降りると、旧市街が最も近いです。

キャリアのスマホを使っている人は、ローミングができないので現在地と地図が読み込めないと思います。

事前にオフラインで使えるアプリをダウンロードしておくと便利です。

 

注意点

ここでポーランドでのバス乗車における注意点を書きます。

ポーランドのバスは、前述したように車内であとから切符を買うことができます。

つまり切符を持っていなくても、バスに乗ることができるんです。

そのまま切符を買わずに、目的地で降りようとしないでください。

定期的にバス会社のスタッフが、車内に乗り込んできて切符の確認をします。

私が乗ったバスでも、切符を買わずに乗っている旅行者がいて、警察に連行されていきました。

十分注意してください。

 

以上が、「ワルシャワ・ショパン国際空港からバスで市街地へ向かう方法」です。

旧市街に到着したら、じっくり観光を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/