バガン観光の最強助っ人は、電動バイク!

ミャンマーのバガン地域に個人旅行へ出向く方は、どういった観光方法を考えていますか?

330以上のパゴダや寺院があるバガン地域は、他の遺跡群とは違い、思った以上に広い印象です。
実際ガイドブックに載っているような有名な寺院を見るだけでも、範囲は、半径5キロに及びます。

一般的には、2、3人であればタクシーをチャーターして回るというのが一番現実的かと思います。
しかし、一人旅となるとそうはいかないものです。

今回は、バガン観光の強い味方として現地でレンタルできる電動バイク(通称E-bike)を紹介します。
複数で旅行される際も、このE-bikeの使い勝手がとてもよく、おそらくこの地域における最強助っ人です。

 

E-bikeの借り方

 

003

E-bike。見た目は完全に原付バイク

まずE-bikeとは、簡単に言うと日本でいう原付のようなイメージです。時速30キロ出ますが、あくまで電動自転車という位置づけのため、運転免許がいらないという何とも違和感のある乗り物です。

バガン地域の道沿いには、E-bikeのレンタルショップがちらほらあります。おそらく点在するホテルに合わせてあるため、すぐに見つけることができるはずです。

004

こういう立て看板が目印

借り方はいたって簡単です。店員にE-bikeを借りたい旨を伝えると、金額の提示を受けます。
私は、1日5,000チャットでした。(古い型なら、3,500チャットと言われましたが、コスパを考えて)
あとは、使い方を習ってスタートです。なお、料金は先払いです。

 

注意点

 

ミャンマーの道路は、右側通行なので間違えないようにしましょう。また日本と違い、舗装された道もあれば、突如砂埃の舞うような道になったりします。E-bikeの足元をとられないように注意しましょう。

なお、E-bikeはバッテリーがなくなると使えなくなります。レンタル中に使えなくなったら、レンタルした店に連絡すると、すぐに代えのE-bikeを持ってきてくれます。
(日本のケータイの場合、電話がいろいろと面倒なので、近くのミャンマー人に電話してもらうとよいでしょう。汗)

 

以上が、バガン観光の最強助っ人E-bikeの借り方です。もうこれを使うとタクシーチャーターなんて有り得ないなと思うのが正直なところです。是非、レンタルしてバガン観光を五感で感じてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/