ヤンゴン国際空港から市内ホテルまでのタクシー利用

Pocket
LINEで送る

近年、日本から注目を浴びるミャンマーは、日本企業進出も急激に増加しています。

今回は、ヤンゴン国際空港に着いてから市内へ向かう際のタクシー利用について紹介します。

・交渉は不要

ヤンゴン国際空港からイミグレーションを出て左手すぐにタクシーカウンターがあるので、
そこで行き先(ホテル名)を告げると、金額を提示してきます。

この看板が目印!タクシーカウンターで主なホテルへの料金が表示

この看板が目印!タクシーカウンターで主なホテルへの料金が表示

一番高くて8,000チャットというところです。(ちなみに、日本円でいうところの約800円)
私が滞在するホテルはAhlone地区でしたが、8,000チャットでした。

あとは、案内役が来ますのでタクシーまで連れて行ってもらいます。
定額制のためカウンターで料金を払う仕組みかと思いましたが、下車時に支払いのようです。

所要時間は、約50分でした。
ヤンゴン市街地までは高速道路もなく、大きい幹線道路をひたすら進む形ですので渋滞すると1時間にも2時間にもなるようです。

会計は、10,000チャットを渡しましたが、お釣りがちゃんと2,000チャット返ってきましたので、東南アジア特有の大型紙幣NGみたいな対応はなさそうです。

※タイなんかは要注意ですよね。
バンコク滞在には100バーツ札と20バーツ札さえあればいい

・外へ出て流しのタクシーを拾うのはおススメしない

こういった空港タクシーを使わないで、空港外に出て流しのタクシーを拾う旅行客が多いようですが、
結論からすると、おススメできません。

まず、見ていてタクシーを拾える確率が低いようでした。
道にずらっと並んでいましたが、通過しているタクシーも多く、果たして値段交渉してそんなに安くなるのかどうかも??です。

あとは、先にも言ったとおりミャンマーの渋滞は読めませんし、結構つらいです。
貧乏旅行ならまだしも、きっぱり値段は諦めて目的地に向かうほうが精神・時間的に楽だと思います。

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。
Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。
訪れた場所のキュレーション↓
https://retrip.jp/users/14os_g/articles/
トライアスロン挑戦中↓
http://try-tri-try.net/
Pocket
LINEで送る

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。国内外への旅行が好きでその模様をつづっています。渡航歴は、韓国、中国、台湾、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、フランス、アメリカ合衆国(ハワイ)等。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップ。 訪れた場所のキュレーション↓ https://retrip.jp/users/14os_g/articles/ トライアスロン挑戦中↓ http://try-tri-try.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


© 2017 How To Journey.com. WP Castle Theme by Just Free Themes