私が使っている旅系カードとは?

いまや生活になくてはいけなくなったクレジットカード。電子マネーと組み合わせていけばキャッシュレスな生活が送れるので、私はどんどん使っています。

また、日本での生活だけでなく、旅先でクレジットカードは重要です。

以前にも紹介しましたが、海外旅行はパスポートとクレジットカードさえあれば、手ぶらでも行けるという持論を展開しています。

 

今回は、そんな旅好きの「私が使っている旅系カード」を紹介します。

 

ANA VISAワイドゴールドカード(SFCカード)

 

まずは、基本のカードです。

 

私は、スターアライアンスに加盟しているANAのマイレージ会員です。

旅好きが高じて、運よくスターアライアンスのゴールドメンバーになれたので、それを機にこのカードに切り替えました。

 

詳しくは触れませんが、このカードは数あるANAカードの中でもマイル還元率が高いカードなので、クレジット決済額の多い陸マイラー向けのカードしても有名です。

 

私は、このカードを普段使いしていて、せっせと日常のマイルを貯めています。

“すべての日常が、旅に通じています。“笑

 

また還元率や入会・継続マイルを考えても、年会費15,120円は高くないです。

 

楽天プレミアムカード

 

次にサブとして使っているカードです。

 

このカードを持っている理由は、2つあります。

・プライオリティパスが付帯している

・楽天スーパーポイントが貯まりやすい

 

・プライオリティパスが付帯している

まずこの点についてですが、このカードにはプライオリティパスという空港ラウンジの利用特典があります。普通に入会すると、プライオリティパスのプレステージ会員は399ドル(≒45,000円)ですが、楽天プレミアムカードの年会費10,800円で同様のサービスが付帯することになるので、金額的にお得です。

 

私がなぜ、このプライオリティパスを取得したいかというと、ANAなどのレガシーキャリアを利用するときは現状持っているSFCカードで空港ラウンジを利用できるので問題ないのですが、LCCを利用する場合はその空港ラウンジが利用できないからです。

このプライオリティパスを持っていれば、空港内に対象のラウンジがあれば利用できるので、LCCで貧乏旅行でもフライト前はちょっと贅沢ができます。

 

個人的には、空港内でのショッピングには全く興味がなく、ラウンジで一杯飲みながらゆっくりしたいので、このサービスはうれしいです。

ほんとに貧乏っちい話なんですが。汗

 

そこまで空港ラウンジにこだわらない人は、所有する必要のないカードと言えます。

 

・楽天スーパーポイントが貯まりやすい

この点は、陸マイラーとして考えた場合のいい点です。楽天スーパーポイントは2ポイントを1マイルに交換できます。

そして、この楽天プレミアムカードを楽天市場で使うと、いつでも5倍の獲得チャンスが得られます。

ということは、通常ならば楽天スーパーポイントが1ポイント100円で獲得可能なので、1マイル=200円なります。しかし、このカードだと200円の買い物で5倍(=10楽天スーパーポイント)が獲得できるので、5マイルGETできる計算になります。

 

私は、最初に挙げたANA VISAワイドカードと併用しながら、せっせとポイントを貯めています。

日々の買い物や決済を積み上げていくと、獲得できるポイントに大きな差が出てくるので、ポイント経路は定期的に見直した方がいいです。

 

以上が、旅好きの「私が使っている旅系カード」を紹介です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/