タイのコーヒーや緑茶は基本的に甘い。

初めてタイ旅行に行く人にとって、日本と異なる習慣などは気になるところです。

「海外旅行では、水に注意!」なんてガイドブックに書いてありますが、タイの場合はそれだけではありません。

なにしろコンビニなどで買えるコーヒーや緑茶が甘ったらしいのです。

基本的に砂糖が入っているのが、タイのコーヒーと緑茶です。(緑茶だけでなく、玄米茶や麦茶も同様です。)

住み慣れてしまうとたまに恋しいものですが、短期旅行者にとっては結構ハードルが高い味です。

是非日本と同じような味を求めるのであれば、「No Sugar」と表記された飲み物を購入しましょう。

またコーヒー関しては、カフェでアメリカーノを頼んでも砂糖入りで出てくるのがタイ式です。オーダーで「砂糖なし」を主張してください。

 

※旅の思い出に砂糖入りのドリンクを試してみるのも結構いいものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/