新!タバコに厳しい観光地・台湾

Pocket
LINEで送る

「タバコに厳しい観光地」として世界的に有名なのは、シンガポールでしょう。

しかし、2009年に施行された法律により「新・タバコに厳しい観光地」となったのが、親日で有名な台湾です。

0141

台湾全土で施行されている新禁煙法によると、

・ホテルの客室は、すべて禁煙です。(喫煙客室が存在しません。)

・ホテル内の喫煙は、指定されたスペースのみ可能です。

・レストランでは、店内全席禁煙です。

・観光地では、指定の喫煙スペースのみ可能です。

といったところです。

 

喫煙者は注意して滞在したほうがよさそうですね。

ちなみに違反による罰金は、最高で10,000台湾ドルだそうです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/