所持不要!海外旅のパスポート管理術

海外旅にパスポートは必須ですが、現地での盗難などのトラブルは避けたいものです。

そのため、滞在中に肌身離さずに所持している人が多いのではないでしょうか。

今回は、海外旅におけるパスポートの取り扱いについて触れたいと思います。

 

パスポートはセーフティーボックスへ

まず滞在中はパスポートを肌身離さず持っている人が多いのではないでしょうか。

あとあと説明しますが、その必要はないです。

海外旅で私は、パスポートはホテルのセーフティーボックスに常に入れています。

持ち歩いていません。

パスポートを持っていると、街中での盗難リスクやバッグに入れていたら、そのバッグごとうっかり忘れたみたいなことが起こりそうなのでやめています。(ちなみに私は、いずれも経験ありませんが。)

ゲストハウスのドミトリーなどの場合は、セキュリティー面で厳しいと思いますが、一般的なホテルの個室であれば大きな問題はないように感じています。

では、私がどのように対応しているか紹介します。

 

段取りはホテルのフロントで

目的地の空港に着いたら、まずホテルを目指します。(荷物が邪魔なので)

そして、ホテルのフロントに着くと、チェックインです。

私は、そこでパスポートの写真部分と入国スタンプ部分(あれば査証も)をコピーしてもらうようにスタッフの人にお願いしています。

ホテル側も控え用にコピーするので、その時にお願いするといいと思います。

滞在中は、それをパスポート代わり持って歩いています。

これまで幾度も海外旅をしていますが、特に問題になったことはありません。

夜のクラブなんかも、これまで普通に入れてますね。

 

パスポートの携行義務がある国がある

一方、身分証明書の携行義務がある国があります。例えばウズベキスタンのような国です。

 

外国人であればパスポートが身分証明書に該当するのですが、そうしたときは異論なしで携行してください。

このようなルールがある国では、街中で職務質問されたり、建物や地下鉄、空港に入る時に所持品チェックやパスポート確認があるので注意してください。

他の国よりそういう機会が多いと考えたほうがいいでしょう。

そしてパスポートを持っていなかったら、警察署に連行される可能性があります。

渡航前に要件は確認しておきましょう。

簡単ですが、これが私の実践している海外旅のパスポートの取扱いです。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/