現地トラブルへの予防線!渡航前に現地のイベントを確認しておこう

海外旅行ではトラブルがつきものですが、できるだけ少なくしたいのは皆同じです。

トラブルが起きないために事前予測できることは、頭に入れておきたいです。

そこで、渡航前に現地のイベントを事前に確認することをおすすめします。

注意すべきイベント

まずは、現地のイベントとして注意していただきたいのが、

・祝日

・大型連休

・要人の訪問

です。

少なからず旅行中に影響を受けることになるので、知っていて損はありません。

どこで情報を入手するか?

では、このような現地のイベントを入手するにはどこから情報を得たらいいのか?という話です。

何も特別な情報源は必要ありません。

まず、祝日や大型連休についてはインターネット検索をすれば知ることができると思います。

要人の訪問などのその他の情報は、渡航国に所在する日本大使館のHPを参照しましょう。

日本人に向けて知っておいて欲しい情報が載っているはずです。(治安・安全面においても)

もちろんこれらの情報源で全てが網羅できるわけではありません。

その他の予想外の出来事は、現地で対応するしかないです。

何がトラブルのもとになるか?

祝日、大型連休、要人の訪問が旅行者の私達にどのような影響を与えるのでしょうか?

・人の移動が多くなる

・公共交通機関の運休や混雑

・レストランなどのサービス業の休み

などが思いつきますね。

海外では日本と違い、祝日は平気で休みます。(宗教的な背景もあります)

事前に知っていれば、「多分、店も閉まっているだろうから今日はスーパーで適当に食材を買い込むか」

とシミュレーションすることもできるでしょう。

人の移動が多くなると予想されるのであれば、早めに目的地に到着するといった対処もできますね。

ヨルダンで混雑を事前回避

私の例でいうと、ヨルダンの首都アンマンに滞在していたときのことです。

昼過ぎのフライトでドバイに戻る予定だったのですが、午前中にアンマン市街を散策していると

車は激混み、警察や機動隊がやけに多いことに気がつきました。

ホテルのフロントで理由を聞くと、

「今日は、近くのモスクに王子が来るんだ。この辺は封鎖されるから、もうすぐ車の乗り入れはできなくなるぞ。」

と教えてもらうことができました。

そこで、空港への足がなくなることを恐れて、早めにタクシーを探してアンマン市街を脱出しました。

この場合は事前情報を得ていたわけではないですが、街の変化を見て行動できたことが良かったです。

↓のように、私がホテルを出るときは規制が始まるところでした。(というか始まってる?)

このように、旅行でのトラブルは事前に回避することも十分可能です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/