搭乗券のシート欄にSBY?その理由は?

初めて帰国便が、突如キャンセルになるという悲劇を経験しました。

そして、その後もすったもんだありながら。。。

今回は、私が経験した「搭乗券のシート欄にSBY?その理由は?」について紹介します。

 

シートの欄に「SBY」

事件は、私がバルト三国を旅して帰路につくときに起きました。

なんと、帰国フライトが突如キャンセルになったんです!

カウンターの長蛇の列に並び、なんとか代替便を確保してほっとしていましたが、悲劇はそれだけでは終わりませんでした。

いつもは搭乗券にシート番号(例えば、6D)が載っていますが、初めて「SBY」と書いてありました。

実際のものは回収されてしまいましたが、SEATのところに「SBY」と書いてありました。

 

「SBY」は、Standby

この「SBY」は、Standby(スタンバイ)。いわゆるキャンセル待ち乗客のことです。

搭乗口で、スタッフに説明を受けて、やっと理解できました。

よくあることなのですが、航空会社は若干多めに席の予約を受け付けています。これをオーバーブッキングといいます。

私の場合、代替便を確保できたのはよかったのですが、その代替便のオーバーブッキング枠に当てがわれて、キャンセル待ちになったということです。

 

日本行きの代替便を入手できたと喜んでいたら、今度はキャンセル待ち。

“No show”がいたら、乗せてもらえるとのことだったので、祈りながらじっと待ちました。

※No showとは、予約をした人がキャンセルの連絡もないまま、現れないことを言います。

 

結果は、なんとか搭乗できました。

皆さんも搭乗券のシート欄に「SBY」が記載してあったら、注意しましょう。

以上が、「搭乗券のシート欄にSBY?その理由は?」

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/