旅行者のための気になるヘルシンキの物価事情

旅行者が気になる現地事情は現地の物価ではないでしょうか。

物価次第で、食事や買い物にかける時間やレストランの質も変わってきますし、それは旅のコストパフォーマンスにダイレクトに影響します。

今回は、「旅行者のための気になるヘルシンキの物価事情」について紹介します。

 

日本との一人当たりGDP比較

まずは、IMF(世界通貨基金)が公表しているWorld Economic Outlook Databases(2016)を参照して、一人当たり名目GDPを比較します。

かなりざっくりな手法ですが、これで両国の平均所得とみなすとともに、物価比較の目安とします。

日本の一人当たり名目GDP…38,917.29US$

フィンランドの一人当たり名目GDP…46,016.74US$

フィンランドは、日本と比較して一人当たりGDPが高く、物価も高いです。

さらに、消費税が一般税率で24%、食品やレストランが14%です。

そのため、1.5倍増しぐらいの物価を感じました。

旅行した実感としては、明らかに日本より物価が高いです。

それに気づいてから、財布の紐を固くしましたね。笑

 

各品目の物価相場

ここでは、旅行者が特にお世話になりそうな品目の物価相場を紹介します。
(フィンランドの通貨ユーロは、1ユーロ≒125円で換算)

 

ミネラルウォーター(500ml)…0.65ユーロ(≒81円)

ミネラルウォーター(1000ml)…1.15ユーロ(≒144円)

コーラ(500ml)…2.05ユーロ(≒256円)

牛乳(1000ml)…1.25ユーロ(≒156円)

ヨーグルト(4個入り)…4.25ユーロ(≒531円)

ビール(330ml)…1.99ユーロ(≒249円)

ノンアルコールビール(350ml)…1.49ユーロ(≒186円)

アイスクリーム…1.79ユーロ(≒224円)

レッドブルロング…1.99ユーロ(≒249円)

欧州は、日本と違い硬水です。またガス入りが多く、個人的に嬉しい。

ビールはハイネケンが多いですかね。しかし種類は日本と比にならないほど多いです。

ハイネケンのノンアルコールビールです。
初めて見ました。

乳製品は種類が多いです、写真は最も安かった牛乳です。

ヨーグルトも豊富です。違いはブランドと味なんだろうと。。。

もはやコカ・コーラと並ぶほど世界各地に必ずあるレッドブル。日本にはない味がありました。(上段)

以上が、「旅行者のための気になるヘルシンキの物価事情」について紹介です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/