タリンからパルヌへバスで向かう方法

エストニアの首都はタリンですが、夏の首都と言われるほどのエストニアのリゾート地がパルヌです。

私も訪れましたが、そこまで大きなリゾートではありません。

しかし、北欧の白夜もあり、夜中まで盛り上がっています。

 

今回は、タリンからパルヌまでバスで向かったので、

「タリンからパルヌへバスで向かう方法」を紹介します。

 

タリンバスターミナルへ

私は、タリン空港からバスターミナルへ向かいました。

 

バスのチケットは、カウンターでも購入できます。

しかし、確実に乗りたい便がある場合、事前にネットで予約しておいた方がいいですし、効率的です。

 

料金は、7~11ユーロです。

時期によって変動するので、早めに予約しておくと安く入手できます。

 

バス会社は、主に2社です。(どちらも日本語サイトはありませんが、難しい予約ではないのでネット予約しておきましょう。)

Lux express

https://luxexpress.eu/en

 

Ecolines

https://ecolines.net/international/en

 

この2社を使えば、東欧地域のバス網はほぼ網羅できます。

私は、タリン―パルヌ間はLux Expressを利用しました。

Lux Expressのバスです。快適なバス旅でした。

 

タリンバスターミナルの様子

バルト三国はフィンランドやロシア、ベラルーシ、ポーランドを含めてバス網が発達しています。

なので、その起点となるバスターミナルは、コンビニやレストラン(カフェ)があって充実しています。

日本のバスセンターより充実しています。ここからもバス路線網が発達していることがうかがえます。

テイクアウトができるカフェです。ここでしばらくマッタリしました。

 

パルヌまで

タリンからパルヌまでは、約2時間半です。

私が乗ったときは、オンタイムでした。

 

Lux Expressのバスは、

・トイレ完備

・コーヒーマシンで飲み放題

・シートごとにディスプレイあり(映画&音楽)

・車内Free-Wifiあり

・座席も外国人仕様で広い

と至れり尽くせりです。

 

快適なので、おすすめです。

日本の高速バスとはクオリティが全然違います。

座席のクーラー部分に席番があります。

座席に一つディスプレイがついています。英語も対応、USBポートあり、車内Wifiありと最高です。

 

パルヌバスターミナルに着いたら、各自解散です。

パルヌバスターミナル。明るいですが夜9時で、バスの本数が少ないので閑散としています。

 

以上が、「タリンからパルヌへバスで向かう方法」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/