旅先で気分転換に泳ぐ!香港・ケネディースイミングプールの利用方法

旅先でランニングを取り入れている人が多くなったいます。

ランニングすることで、気持ちがスッキリしますし、旅先の非日常を味わうこともできます。

本サイトでも、旅ランは非常におすすめしています。

今回は、ランニングではなく旅スイムです。汗

日本で日常的にプールに通っている人は、ちょっと違うプールで泳ぎたいと思いませんか?

今回はホテルのプールではなく、一般の香港民が利用するケネディースイミングプールを利用してきました。

その利用方法を紹介します。

ケネディースイミングプールとは

まずは、簡単にケネディースイミングプールの概要です。

https://www.lcsd.gov.hk/clpss/en/webApp/Swimming.do?dist=loc3

見た目自体も大きいのですが、設備も屋内と屋外(夏季のみ使用)でプールを保有しています。

また、トレーニング用(50mプール、25mプール)とファミリーで使える浅いプール、ジャグジーが設置されています。

充実した施設です。

(引用元:https://www.lcsd.gov.hk/clpss/en/webApp/Swimming.do?dist=loc3)

中の写真を撮ろうとしましたが、スタッフにNGされました。

屋内プールはこんな感じです。

(引用元:https://www.lcsd.gov.hk/clpss/en/webApp/Swimming.do?dist=loc3)

ケネディースイミングプールへの道順

ケネディースイミングプールへは、MTRの香港大学駅で降ります。

出口C2が最も近い出口です。

案内板にも「Kennedy Town Swimming Pool」と記載してあります。

ちなみに私は、彼女について行きました。

完全にスイマーなので。笑

香港大学駅のC2出口です。そこから通りを挟んだところにケネディースイミングプールがあります。

入場から使用まで流れ

まずは入場します。

料金は、ビジターは

月曜から金曜:HK$17(≒238円)

土曜、日曜:HK$19(≒266円)

です。

私は、香港では必須アイテムのオクトパスカードで支払いました。

現金支払いの場合は、両替機が横に設置されていました。

入場するとエスカレーターがあるので、それを上がります。

2階で男女の更衣室に分かれます。ファミリールーム(子供と一緒)もあります。

左手の階段を下ると、更衣室です。

日本と似たような感じですね。硬貨を入れてロックをするタイプのロッカーです。

※必ずHK$5の硬貨を事前に準備してください。(更衣室内に両替機はありません。)

ちなみにですが、私はHK$5硬貨を持っていませんでした。

周りにいた香港人に両替してもらいました。

鍵を腕に装着して、プールに行きます。

案内がちゃんとあるので、それに従ってください。

利用した感想

ケネディースイミングプールは、非常に快適でした。

私は趣味でトライアスロンをしているのですが、なかなか市民プールレベルで50mプールを利用することはありません。

ターンが少なくて済み、距離を泳ぐ練習に使えたので良かったです。

なお、困惑した点もあります。

みんなスイムキャップをしないんですね。

若干、衛生面での不安がありましたが、スイム後に何か体調がおかしくなることもなかったです。(私は、アレルギー性鼻炎を持っています。)

以上が、「香港ケネディースイミングプールの利用方法」です。

香港でちょっと変わった気分転換がしたい人は、利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/