旅行者のための気になる香港の物価事情

旅行者が気になる現地事情は現地の物価ではないでしょうか。

物価次第で、食事や買い物にかける時間やレストランの質も変わってきますし、それは旅のコストパフォーマンスにダイレクトに影響します。

今回は、「旅行者のための気になる香港の物価事情」について紹介します。

 

日本との一人当たりGDP比較

 

まずは、IMF(世界通貨基金)が公表しているWorld Economic Outlook Databases(2016)を参照して、一人当たり名目GDPを比較します。

かなりざっくりな手法ですが、これで両国の平均所得とみなすとともに、物価比較の目安とします。

日本の一人当たり名目GDP…38,917.29US$

香港の一人当たり名目GDP…43,527.99US$

香港は、日本と比較しても一人当たりGDPが高く、平均所得も日本全体と比べると高いと考えられます。

旅行すると、観光客が利用するレストランは若干高めの相場です。

各種品目の物価相場

 

ここでは、旅行者が特にお世話になりそうな品目の物価相場を紹介します。
(香港の通貨HK$は、1HK$≒14円で換算)

飲料水(700ml)….7.5HK$(≒105円)※Bonaqua

飲料水(700ml)…3.9HK$(≒55円)※最安値のブランド

牛乳(1000ml)…21HK$(≒294円)

ヨーグルト(4個パック)…12HK$(≒223円)

ビール(350ml)…8.5HK$(≒120円)※中国系のビールはさらに安い。

ビール(640ml)…18.5HK$(≒260円)※中国系のビールはさらに安い。

インスタント麺(一食)…9.9HK$(≒139円)

簡単ですが、この辺が旅行者に関係するような品目として取り上げました。

やはり気候の問題もあるのかドリンク関係は日本に比べて物価は安いです。

しかし、食品は日本に比べて高い印象で、
特に食費を抑えようと考える場合は、ファストフード店や香港版ファミレスと言われる茶餐廳を利用したいところです。

 

ミネラルウオーターも、値段はバラバラ。安いものは3.5HK$程度

種類が豊富なビール。最安は中国系のビール。

乳製品は高め。

以上が、「旅行者のための気になる香港の物価事情」の紹介です。

是非、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/