知らないと恥ずかしい白川郷観光の常識3選

知らないと恥ずかしい白川郷観光の常識3選

日本でも唯一無二の景観として、白川郷の人気は高いです。

その価値は、世界でも認められて世界文化遺産として、世界遺産登録されています。

世界遺産に登録されると、様々な制限が加えられ、景観保全などにも力を入れる必要が出てきます。

今回は、「白川郷観光で知っておきたい常識3選」について書きます。

景観保全という意識を持っていると恥をかかずに観光できます。

白川郷を訪れた際に重たい荷物を持っている方は、バスターミナルのコインロッカーを利用しましょう。

知らないと恥ずかしい白川郷観光の常識3選

①見学時間が決まっている

白川郷への入場は、入場券を購入する必要はありません。

すべてオープンなエリアになります。

しかし、ここできちんと気遣いをしましょう。

白川郷の集落には、そこで生活をしている人々がいます。

朝早くや夜遅く訪れるのは、マナー違反です。

あなたの自宅に、知らない人が同じような感じで訪れたら嬉しいでしょうか?

それと同じです。

白川郷の見学時間は、8:00~17:00とされています。

②集落内にゴミ箱がない

白川郷のエリアには、ゴミ箱が一切ありません。

郊外から訪れる場合、ゴミが出てしまうことがあると思います。

その場合は、必ず持ち帰るようにしましょう。

また、白川郷にはお店もあります。

歩きながら食べることもできる五平餅なども売られています。

しかし、食べ終わったゴミは捨てる場所がないので、できるだけ購入したお店で食べるようにした方がいいです。

③絶対禁煙、火気厳禁

白川郷は、木造の住宅と茅葺き屋根が見どころです。

そのため、集落内では火気厳禁です。

最も馴染みがあるものは、タバコです。

白川郷では、絶対禁煙です。

喫煙エリアさえありません。(加熱式のタバコの喫煙エリアはありました。)

その他にも花火や焚き火なども、禁止です。

以上が、「知らないと恥ずかしい白川郷観光の常識3選」です。

世界遺産の景観を保つために、現場では保全活動を継続しています。

そこで生活されている人もいるということを忘れずに、観光するようにしましょう。

もっと詳しく観光における注意事項を知りたい人は、白川村役場のHPを参照してください。

http://kankou.shirakawa-go.org/onegai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/