博多港から志賀島まで福岡市営渡船で向かう方法

博多港から志賀島まで福岡市営渡船で向かう方法

福岡観光は、天神や中洲などが有名ですが、郊外も魅力的です。

その一つが、志賀島です。

歴史的には「金印」が出土したことでも有名で、

島ではダイビングなどの海のアクティビティーも盛んです。

今回は、博多港から志賀島まで船(福岡市営渡船)を使って向かったので、

その様子を紹介します。

志賀島から博多港までの帰路は、以下を参照してください。

福岡市街から志賀島までの移動方法

福岡市街地から志賀島までは、以下の移動方法が考えられます。

・車…所要時間約30分

・路線バス…所要時間約1時間

・渡船…所要時間約40分

この他にもJR西戸崎駅まで電車で向かい、路線バスに乗り継ぐ方法もあります。

今回は、せっかくの観光ということで地元の交通手段に乗りたかったので、

渡船(福岡市営渡船)を利用しました。

福岡市営渡船(博多港~志賀島)の概要

福岡市営渡船は、博多港を起点に志賀島、玄界島、姪浜からは能古島と小呂島への航路を運行しています。

・博多港…志賀島(西戸崎経由)、玄界島

・姪浜…能古島、小呂島

志賀島へ向かう渡船は、博多港から発着しています。

ベイサイドプレイス博多の一部として、港が運行されています。

赤い博多ポートタワーが目印です。

博多港から志賀島まで

出発(博多港)

ベイサイドプレイス博多の施設内に、福岡市営渡船のきっぷ(乗船券)売り場と乗り場があります。

左が長崎の壱岐・対馬行きのきっぷ売り場です。

福岡市営渡船のきっぷ売り場は、右側です。

窓口、券売機で、きっぷが購入できます。

日帰りの予定だったので、往復割引で1,300円(大人片道680円)でした。

時刻表は、以下を参照してください。

私が利用したときは、日曜の朝だったので閑散としていました。

https://www.city.fukuoka.lg.jp/kowan/kyakusen/hakata-port/hyo.html

乗船は、出発の5分前から開始されます。

きっぷをスタッフに見せて乗船です。(回収は、船を降りるときです。)

志賀島行きは、きんいん号という小型船でした。

当日は風が強く、海も時化っていたので、堪えました。

到着(志賀島)

博多港を出発して、15分後に西戸崎、そのまた15分後に志賀島に到着します。

計30分の乗船です。

(西戸崎では、降りずにそのまま待ちます。)

こじんまりとした志賀島旅客待合所です。

ここから観光スタートです。

博多港(ベイサイドプレイス博多)のコインロッカー情報

博多-志賀島を結ぶ路線の他に、

長崎の壱岐、対馬へのフェリー路線も発着しています。

そのため、フェリー購入窓口の近くにコインロッカーが設置されています。

重たい荷物などを預けたい人は、利用しましょう。

福岡のホテル選びについて

博多港( ベイサイドプレイス博多 )へは、路線バスでアクセスできます。

地下鉄や電車では、直接アクセスできません。

博多港への路線バスは、

福岡のホテルが集まるエリアである天神、中洲、博多からそれぞれ出ています。

これらのエリアにホテルを予約すれば、移動がスムーズです。

また、福岡市内の観光においてもとても利便性が高いです。

以下に内容をまとめています。

以上が、「博多港から志賀島まで福岡市営渡船で向かう方法」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/