阿蘇山上ターミナルから阿蘇山火口までは徒歩でアクセスできます

阿蘇山上ターミナルから阿蘇山火口までは徒歩でアクセスできます

阿蘇山火口を見学しようと思うと、

阿蘇山上ターミナルから出ている阿蘇山火口シャトルを利用するのが、

最も楽で効率的です。

しかし、火口までの道中にバスに揺られていると歩道が整備され、

歩いている人がちらほら見えました。

半ば盲目的に阿蘇山火口シャトルに乗りましたが、

帰りは歩いても面白そうです。

ということで、阿蘇火口から山上ターミナルまで歩いてみましたので、

その様子をまとめます。

なお、火口まで歩く場合はルートが逆というだけです。

阿蘇山火口から阿蘇山上ターミナルまで

使用しているGarminのワークアウト(ウォーク)機能を使って、

記録をとりました。

阿蘇山火口(バス停付近)から阿蘇山上ターミナルまでは、

約1.5kmです。

途中、写真を撮ったりしたため何度も立ち止まっていますが、

(青い部分)

約18分でこの距離を歩いてます。

阿蘇山火口が1,276mで阿蘇山上ターミナルが1,150mなので、

126m下ってきたことになります。

火口まで歩いて行く場合、

逆に126m上ることになるので、

覚悟して向かいましょう。

道中の様子

道中の様子を紹介します。

誰もわかる人がいないと思いますが、

毎年、トライアスロンのIRONMAN世界選手権が行われているハワイ・カイルアコナという場所があります。

溶岩が固まった大地に切り開かれた高速道路(通称”クイーンK”)を

自転車で疾走するのですが、

こんな感じの場所なのかなと勝手に妄想していました。

(引用元:https://rouvy.com/

阿蘇山火口

阿蘇山火口シャトルが停車するバス停の横からスタートです。

車道の脇に歩道が整備されています。

道中

閉鎖されているゾーンを横目に見ながら、歩いてきます。

風景は終始変わりませんが、

写真中ほど、道路の先に見えるのが、阿蘇山上ターミナルです。

ときに階段もあります。

下っていくにつれて、堆積物の色や大きさが違っていて面白いです。

噴火でこんなの飛んできたら、

たまったもんじゃないなという石がありました。

歩道にも避難シェルターが設置されています。

もし、噴火したらここに逃げ込むんでしょうか。

想像しただけでも怖いです。

ときどき火口方面を振り返ると、独特の景観です。

道路脇のガードポールも空気中の成分によって、茶色く変色しています。

阿蘇山公園有料道路の料金所です。

ここまで来ると、阿蘇山上ターミナルはもうすぐです。

阿蘇山公園有料道路の料金所から火口を見ると、こんな感じです。

だいぶと植物が自生できる環境のようです。

出口への順路に従って阿蘇山上ターミナルに戻りました。

[利用例あり]阿蘇で使える交通フリーパス「わくわく1dayパス(県内版)」を解説

阿蘇山火山シャトルは対象区間ではないですが、

阿蘇をバスで観光する場合は、

わくわく1dayパス(県内版)」でお得になる可能性があります。

私が利用したときの移動履歴も合わせて、掲載しています。

以上が、「阿蘇山上ターミナルから阿蘇山火口までは徒歩でアクセスできます」です。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/