タイでは黒いボールペンを使わない⁉その理由とは

海外に行くと、日本では考えてもみないような習慣や出来事に遭遇します。

特に現地で働くとなると、その国の事情を知っておかなければ仕事がスムーズに進まなくなることもあり、日々の勉強や疑問に思ったことは納得行くまで聞くと、その国の国民性を深く知ることができます。

今回は、私がバンコクで働いていたときの「タイでは黒いボールペンを使わない⁉その理由とは」を紹介します。

 

日本の常識は、タイの非常識

 

まず、私が経験したエピソードを紹介します。

仕事でバンコクに赴任することになり、手土産に仕事でも使えるものとしてペンをセクションの社員全員に持っていこうと計画していました。(当時、私は三菱鉛筆のJET STREAMをお土産として海外出張に行っていました。)

このときは何の意識もなく、自然な色として黒を選択。

意気揚々とバンコクオフィスに乗り込んだ次第です。

 

オフィスに着いて、ペンを渡すとスタッフから「黒はダメなんだ」と言われました。

どうやらタイでは黒のペンが一般的ではないようです。

(とは言っても、その後はできるだけ黒のペンを使ってくれているようでした。)

日本の常識は、タイの非常識と感じた瞬間でした。

 

タイでは青を使うのが一般的

 

まず、結論から言うと、タイでは「青」を使うのが一般的です。

オフィスワークを見ると、ほぼ全員が青のボールペンを使用します。

理由は、黒のインクだと偽造されたものと捉えられるからです。

 

タイでは、欧米諸国と同様に公式な書類には印鑑ではなくサインを使用します。

タイの印刷が白黒印刷で一般的だったときは、サイン偽造を防ぐために青色のペンでサインをするようになったそうです。その名残が現在の青色ペンでの署名につながっています。

「だけど、今はカラープリントがあるから意味ないんじゃないの?」と聞くと、「タイ人は、カラープリントが高価だと知っているから、白黒でしか印刷しないよ。」と反論されました。

そんな具合で、納得いく部分もありながら、現代では矛盾を抱えているあたり何ともタイらしいところです。

 

以上が、「タイでは黒いボールペンを使わない⁉その理由とは」の紹介です。

参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/