旅行者のためのタシケントの街カド言語事情

Pocket
LINEで送る

旅行中の現地事情として、言葉が通じるかは気になるところです。

いくら英語が世界的言語といえども、世界の津々浦々まで浸透しているわけもなく、現地の生の言語事情は旅行者にとって重要なファクターです。

今回は、「旅行者のためのタシケントの街カド言語事情」を紹介します。

 

総論

 

タシケントは、ウズベキスタンの首都です。

中央アジア随一の国際都市であるタシケントは、多くの人種が混在している都市です。

ウズベキスタン全体でみると、約8割がウズベク人ですが、タシケント市内を歩くとロシア系、アジア系の見た目の人も多く、中央アジアの都市では珍しく、アルファベット表記のものが街中にあります。

言語は、人口構成が示す通り、ウズベク語が主体です。

ロシア語に近いので、ロシア語を話せる人は問題ないと思いますが、それ以外の人はコミュニケーションに苦労すると思います。

しかし、カザフスタンやキルギスを回った個人的な感想としては、ウズベキスタンの主要都市であるタシケントやサマルカンド、ブハラは他の中央アジア主要都市と比較して英語の通用度は高いです。

 

ホテル

 

タシケントは、旧市街がウズベク人の居住地域、新市街がロシア人および外国人の居住地域とおおまかに分かれています。
外国人旅行者が主に滞在するホテルやゲストハウスは新市街に立地していることが多く、その性質から英語でコミュニケーションができます。
ホテルなどの宿泊施設は、当然ながら英語で手続きができるので、旅の情報を聞きたいときなどに便利です。

 

レストラン

 

レストランの種類にもよりますが、新市街に立地しているレストランでは比較的英語が通じます。
しかし、スタッフが英語を話せないレストランもありますし、そうした場合も英語のメニューでなんとかなるのが実感です。
ガイドブックに載っているようなレストランは、英語でのコミュニケーションが可能と考えられます。

 

公共交通機関

 

タシケント市内だと、主な公共交通機関はバスか地下鉄になります。
バスは乗らなかったので定かではないですが、地下鉄はローマ字表記がされているので、行き先などに困ることはないでしょう。
しかしチケットを入手するときに、カウンター越しに販売スタッフとコミュニケーションをとらないといけません。
当然、英語は通じないので、私は行き先を伝えたあとに、ある程度の現地通貨(スム)を渡して、おつりをもらっていました。

 

タクシー

 

ドライバーによります。
私は英語が通じないドライバー、通じるドライバーどちらにも遭遇しました。
しかし、タシケントのタクシーは事前料金交渉なので、道に迷っても精算でゴタゴタすることはないので、しっかり行き先と料金さえ確認することで問題ありません。
ウズベキスタンでは、スムの表記を1,000以下は端折って表示するので、ドライバーとのコミュニケーションの場合は気をつけてください。
例)8,000スム→8と表示

 

買い物・ショッピング

 

買い物するエリアにもよりますが、簡単な英語なら問題なく通じます。
観光客が多いエリアであれば、英語が堪能な店主やスタッフがいるので安心です。(騙されるのは注意してください。)
タシケントは、他の中央アジアの国に比べ、ローマ字表記の場所も多いので買い物もしやすいです。

 

以上が、「旅行者のためのタシケントの街カド言語事情」です。

参考にしてください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1986年生まれ。長崎県佐世保市在住。山暮らしでサラリーマンをしながら、暇を見つけては旅をして、その模様をつづっています。 Instagramで訪れた場所の写真を日々アップしています。 noteで旅全般の記事を作成中。 https://note.mu/ge__shi トライアスロン挑戦中。 http://try-tri-try.net/